【自賠責保険】 自賠責保険だけでは不十分の理由とは

投稿日:2013.10.06

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

車を購入した方なら「自賠責保険」(自動車損害賠償責任保険)は誰もが加入しているはずです。法律ですべての自動車について加入が義務付けられている強制保険ということはおそらく車を運転される方なら誰でも知っていることでしょう。

加入せずに自動車を運行した場合に1年以下の懲役または50万円以下の罰金の刑事罰、そして免許停止等の処分が科せられるというものです。

 

まれに、任意保険に加入しない方もおられます。

その理由として「運転には自信がある自分が加害者になる事故なんてありえない。それに、万が一事故を起こしても自賠責保険に入っているからそれで十分だろう」という方も多いのですが、大きな誤解です。

まず、運転に自信があるといっても、雨の日のスリップ事故など、いかに運転技術が優れていても事故を起こしてしまい、加害者側になってしまう可能性もあります。

また、自賠責保険のみでカバーできる範囲の損害賠償金では済まない場合も多いのです。

高額の賠償金を請求された場合には、自賠責保険の範囲を超えた分は、自分で支払わなければならないのです。

 

自賠責保険の制度は、被害者を保護するために設けられたものです。加害者側に支払い能力がない場合でも、被害者が補償を受けられるようにという制度です。そのため、被害者が加害者の加入している保険会社等に直接請求できる「被害者請求制度」や、当座の出費のための「仮渡金」などもあります。

支払限度額も、被害者1名ごとの限度額であり、複数の被害者がいれば、限度額×人数分が総額となります。

 

それから、知っておかなければならないのは、自賠責保険は、自動車事故によって他人を死傷させた場合の人身事故による損害のための保険です。そのため、自動車の修理費用など、物的損害に対しては支払対象になりません。

 

「自賠責保険のみで十分」という認識は大変危険です。自賠責保険のみで対応できると思い込んでいたばかりに、高額の賠償金を払えず、一生を棒に振るかもしれません。

万が一の事故に備え、自身のためにも、加害者側、被害者側どちらの立場になった場合でも、最後まで十分な治療を受けられるよう、また家族や相手方にとっても少しでも納得のいく結果になるよう、必ず任意保険に入りましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト