むち打ちの治療 むち打ち症の急性期

投稿日:2013.08.12

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

むち打ち症の治療は1回だけで終わることはほとんどありません。治療期間は他のケガに比べ個人差が大きいのですが、ほとんどの場合、1ヵ月~数ヵ月ほどで治療終了になります。

 

さて、事故直後の応急処置的な1回目の治療の後にはどのような処置をされるのでしょうか。

症状にもよりますが、初期に行った治療から一歩進んで、「リハビリ」的な要素を含むようになります。

むち打ち症は首の捻挫です。まずは衝撃を受けて痛んで炎症を起こした患部を冷やし(アイシング)、固定し、安静にすることがまず第一です。

ごく初期のこの期間のことを「急性期」「早期」「不安定期」などと呼びます。

 

固定する方法ですが、症状の重さによって、初回治療で頸椎カラー(首用コルセット)を着用することがあります。この頸椎カラーは首周りを大きく厚く巻くので一見して「あ、むち打ち症」と分かり、日常の動作が多少緩慢になってしまっても周囲は理解を示してくれるでしょう。

このカラーを着用する必要があるのは、靭帯まで損傷があるなど症状が重い場合がほとんどです。首を動かすと激痛が走り、手の痺れなど感じるのであれば、強制的に首を固定しなければなりません。

「首を動かさないように」と注意をしていても、日常生活の中では本人が気を付けていてもどうしても首は動いてしまうものです。

 

健康であれば日常生活では「首がちゃんと動く」ということなど全く意識しないものです。棚の上を見上げる、新聞を読んでいるときにテレビのニュースに反応して横を向いてテレビの置いてある場所に顔を向ける、台所へいるときに電話が鳴って振り返る、などなど、何気ない動作の中で首は頻繁に動いています。

 

日常生活の軽い動きは、健康であれば何の問題もありませんが、むち打ち症の首にはほんの少し顔の向きを変えることも大変な負担なのです。

「捻挫は癖になりやすい」「むち打ち症は慢性的になりやすい」などと言われますが、治療が終わらないうちに、首に負担をかけ続けてしまうことも慢性むち打ち症になってしまう原因です。

 

患部を固定留守方法は、頸椎カラー以外ではテーピングやベルトなどの方法があります。症状に合わせて指示される固定方法は、多かれ少なかれ、日常生活を不便にするものですが、この初期治療はもっとも大事な時期に行うものです。決して自己判断で止めたりせず、指示に従いましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト