むち打ち症について(9) むち打ち症で後遺障害に認定されたら

投稿日:2013.10.29

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

むち打ち症で通院していたが、これ以上は回復が難しいと判断されてしまった時は、症状固定の状態になります。症状固定の状態になったら、医師に「後遺症診断書」を作成してもらいます。この書類を審査し、後遺障害等級に該当するかどうかが決まります。

後遺障害に該当すると認められれば、後遺障害保険金が支払われます。

 

〇後遺障害は何級に該当するの?

後遺障害等級表を探しても、「むち打ち症」という言葉は見つかりません。少し前までは、むち打ち症で後遺障害を勝ち取るのは困難でした。

しかし、むち打ち症により、様々な神経症状が起こることを認める判例も増え、「神経系統の機能」「神経症状」というところに該当するが知られています。

具体的な等級でいうと、7級、9級、12級、14級などに該当する可能性はありますが、様々な証拠を提示しなければならないため、通常は12級か14級の場合が多いです。

 

〇後遺障害になったら?

後遺障害と認定されるということは、症状固定の状態なので、将来の治療費などをもらうことはできません。そのかわり、後遺障害保険金とて、逸失利益や、後遺障害慰謝料がもらうことができます。

 

逸失利益とは、後遺症が残らなかったら生涯得られただろうという利益です。これは労働に関する分野で、後遺症により働けなかった部分を逸失利益によって支払うというわけです。14級で約5%、12級で約14%の喪失率を年収にかけた金額を、さらに喪失期間をかけて算出します。

喪失期間とは、「何歳まで労働能力を喪失しているか?」というものですが、むち打ちの場合の喪失期間は14級で5年程度、12級で10年程度と、他の症状に比べて短くなっています。

 

後遺障害慰謝料は、裁判基準では14級で90~120万円、12級で250万円~300万円となります。(自賠責基準では14級で32万円、12級で93万円です。自賠責保険の後遺障害の慰謝料は120万円の限度額とは別に支払われます。)

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト