むち打ち症まとめ

投稿日:2015.08.20

○むち打ちになった時の注意点

むち打ち症は、首の骨の捻挫状態とも言えます。日常生活の中での姿勢と、寝具に注意をしなければいけません。スマホやTVやゲームなどは、背中が丸くなり首がうつむき加減になりがちです。また、勉強中も同じ様に、姿勢が悪くなり首に負担が大きくなります。痛みが軽くなるまで、壁に頭と背中を預けるなどして、首の負担を減らす様にして下さい。意外な落とし穴が、「枕の高さ」です。枕やクッションは使わず、バスタオルやハーフサイズの毛布などを、折り畳んだ物を使う様にして下さい。背中と頭の高低差が、とても大切です。なるべく、床や背中との高さの差を作らない様に工夫して下さい。

 

また、斜め掛けでのカバンは、一方だけの肩に負担が掛かる為に、首の姿勢が悪くなります。
痛みが軽くなるまでは、カバンは、左右に細目に持ち替えたり、リュクなどがお薦めです。
それと、女性陣が愛用している高いヒールの靴を履くのは控えましょう。前のめりになる姿勢を、背中の筋肉の力で調節しているので、首にも負担が掛かります。

 

 

○むち打ちが痛む時に効果がある、意外な薬

よく、雨が降る前に、頭痛や関節が痛んだり古傷が痛む事がよく有ります。これは、耳の奥にある、身体の平衡感覚を司る「三半規管(さんはんきかん)」の中のリンパ液と組織が関係していると言われています。
落ち着いた筈の、むち打ち症の痛みで頭痛がある場合、車や船の酔い止め薬が効果がある場合があります。
この時の注意点としては、痛む予感がした段階で、酔い止め薬を飲む事です。痛み始めてからの頭痛には、効果がみられないのでご注意下さい。

 

 

○ むち打ち症まとめ

むち打ち症は、怪我の内に入らないと言われる事が多いです。でも、首へのダメージが深刻な事態です。
我流や、聞きかじりの知識で我慢していると、悪化させてしまう症状でもあります。
早目に、整形外科や整骨院(接骨院)で「正しい診断と治療」をしてこそ、完治への早道と言えます。