クリープ現象とパーキングブレーキ

投稿日:2014.12.01

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

ちょっとした用事で車から離れるときに、エンジンを切って離れるか、かけたまま離れるか迷ったことはありませんか?今回は車を降りるときの基本についてご紹介します。

 

 

◆無人の車が勝手に動き出した?

無人の車が動き出し、坂道を下ったり、壁にぶつかったりしたという、交通事故のニュースをよく目にします。これは、AT車(オートマチック車)特有の、アクセルペダルを踏まなくてもクリープ現象で動きだす構造に原因があります。

 

 

◆クリープ現象とは?

クリープとはゆっくり進むという意味です。AT車では、アイドリング時に、シフトレバーが「D」あるいは「R」に入っていれば、アクセルペダルを踏まなくとも車がゆっくり動き出します。渋滞などノロノロ運転のときや、坂道発進の時は便利な機能です。

 

 

◆パーキングブレーキをかけていれば?

パーキングブレーキをかけていれば、平坦な道に停車している車が、クリープ現象で動き出すことはありません。しかし、パーキングブレーキを解除し忘れて、走りだしてしまうことがあります。かなり強い力でかけないと、利かないものだと思っていた方がいいでしょう。

 

 

◆パーキングブレーキの種類

パーキングブレーキには、主にレバー式のものと、足踏み式のものがあります。レバー式のでも、ハンドルの右にあったり左にあったり、サイドにあったりと、車種によってさまざまです。

 

 

どちらがいいかは好みの問題ですが、足踏み式の方が、かけ忘れてしまう、または、踏みがあまいことが多いようです。足踏み式の場合、ドライバー本人にしか、パーキングブレーキをかけたかがわかりませんし、そのまま車を離れてしまえば、外からはまったく状態がわかりません。

 

 

◆車を離れるときはエンジンをきる!

車から離れるときは、次の順番で行います。

  1. パーキングブレーキをかける
  2. シフトレバーを「P」にいれる
  3. エンジンを切る
  4. シートベルトをはずす

車を発進させるときは、この逆です。正しい操作を習慣化しましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト