コンタクトレンズのライダー必見!

投稿日:2014.08.30

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

バイクに乗っているときに、コンタクトレンズのトラブルを、経験しているライダーは意外と多いです。特に視力が悪ければ悪いほど、めがねよりコンタクトレンズを選ぶ傾向にあるので、コンタクトレンズのトラブルは大きな事故につながりやすいのです。
コンタクトレンズ使用のライダーは、何に注意したらよいでしょうか?
【コンタクトレンズがずれた・・・】
例えばコンタクトレンズがずれてしまい、いきなり視界が悪くなってしまうというトラブル。実際にレーサーが練習中に、コンタクトレンズが原因で視界を失い、制御不能になり、コースアウトしてしまった、ということもあったようです。
コンタクトレンズを使用している人は、視力が悪い人が多く、使用中のコンタクトがなくなると、一瞬にして視界がぼやけてしまいます。それがバイクの走行中で、さらにスピードを出しているときなら、かなり危険ですね。
コンタクトレンズを使用する方は、安全運転に努めることは当然ですが、風などの影響を受けないためにも、ジェットヘルではなく、フルフェイスヘルメットにすることをおすすめします。

 

【コンタクトレンズにゴミが入った・・・】
コンタクトレンズにゴミが入り、痛みのあまり目を開けることができなくなってしまうことも、よくあることです。すぐに運転をやめて、コンタクトのゴミを洗い流し、付け直せればいいのですが、それができない状況もあります。
片目で痛みと戦いながら、ひやひやしながら走行し、やっとの思いでコンタクトを外したけれど、洗浄液もコンタクトケースも何もなく、再び装着することができないで困った人も多いでしょう。ゴミが入った目をこすると、目に傷がついてしまうので、これも注意が必要です。

 

バイクに限ったことではありませんが、コンタクトレンズを使用して乗り物を運転する方は、もしものことを想定し、あらゆる準備を怠らないようにしましょう。特に、必ず替えのコンタクトを準備しておくか、メガネを準備しておくことをおすすめします。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト