チャイルドシートを着用しましょう

投稿日:2014.11.01

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

チャイルドシートの使用が義務化されたのは、平成12年4月です。

それから10年以上たちますが、チャイルドシートの着用率はまだまだのようです。

 

 

◆チャイルドシートの使用義務とは

 

道路交通法71条に「自動車の運転者は、幼児用補助装置(いわゆるチャイルドシート)を使用しない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはならない」とあります。

 

これに違反した場合は、罰則はありませんが、座席ベルト着用義務違反と同様に、免許の取り消し等の行政処分の、基礎点数が1点付加されます。

 

ただし、「疾病のため、幼児用補助装置を使用させることが、療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるとき」は使用しなくてもよいとされています。
◆チャイルドシートの着用率

 

警視庁とJAFによる平成24年データでは、使用が義務付けられている6歳未満の使用率は73.5%でした。前年と比較すると1.4ポイント上昇しました。

 

 

◆チャイルドシート使用による被害軽減効果

 

6歳未満の子どもが自動車に乗っていていたときの死亡重傷率は、10年前の1.69%から1.25%に低下しています。

 

この死亡重傷率をチャイルドシート使用有無別にみると、使用者の0.93%に対して、不使用者は2.2倍の2.09%になります。

 

チャイルドシートの使用が、被害の軽減につながっていることがわかりますね。

 

 

◆6歳になったらチャイルドシートは卒業?

 

チャイルドシートが法律上義務付けられているのは、6歳未満です。子どもが6歳になったら、チャイルドシートは要らないのでしょうか?

 

 

2008年に、後部座席でもシートベルトの着用が義務付けられました。

車のシートベルトが着用できるのは、身長135~140cmに達してからになります。

 

それまでは、肩ベルトが首にかかったり、腰ではなくお腹の位置まで腰ベルトがきたりで、このままでは大きな衝撃を受けたときに危険です。

 

身長135~140cmは、チャイルドシートを使用した方がいいでしょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト