チャイルドシート不使用の過失割合

投稿日:2014.11.02

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

チャイルドシートは、法律で着用を義務付けられていますが、もしも不使用で交通事故にあってしまったら、過失割合はどうなるのでしょうか?

 

 

◆相手にも落ち度がある場合

 

一般的に、交通事故は被害者が、加害者に対して賠償請求をします。その場合、被害者側にも落ち度がある場合は、公平な損害賠償という観点からは、賠償金額を過失相殺して減額します。

 

チャイルドシート不使用のように、被害者車両に同乗していた人に過失があった場合は、どうなるのでしょうか?

 

この場合、被害者側に過失があることになり、同乗者も被害者の一員として、過失相殺されることになります。

 

 

◆チャイルドシート不使用で5%加算

 

平成21年の判例で、チャイルドシートを使用していなかったために、過失を5%加算されたというものがあります。

 

これは、父親が運転手で、当時2歳の子どもを、母親が膝に抱いて同乗していた自動車に、対向右折車に横から追突されるという、交通事故が起きました。

 

2歳の子どもが受傷しましたが、チャイルドシートを使用していれば受傷しなかったはずで、親がその義務をおこなったとして、「5%の過失を加算するのが相当である」と判断されました。

 

 

◆チャイルドシート不使用の過失相殺

 

チャイルドシート不使用を理由に、過失相殺をした判例をみると、

 

・チャイルドシートを使用していれば、受傷を避けられた場合のみが過失相殺の対象

・過失相殺率は5~10%程度

 

というのが多いようです。

 

 

◆チャイルドシートに乗せましょう

 

子供をチャイルドシートに乗せるのは、簡単なようで、とても難しいものです。

 

子供から見れば、変な椅子に縛り付けられ、思うように身動きができない、とても迷惑な装置だからです。

 

親からみても、乗せるのにも一苦労、また乗せてからも嫌がり泣きわめくので、運転に集中できないということもあります。

 

チャイルドシートは車内にあっても、実は使用してないということも。しかし、子どもが怪我をした場合には、きっと後悔することになります。チャイルドシートは、必ず着用しましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト