世界の玉突き事故

投稿日:2014.09.23

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

世界では驚くくらいスケールの大きな玉突き事故が起きています。いくつかご紹介します。

 

◆アメリカで起きた150台の玉突き事故

2012年11月には、アメリカのテキサス州の高速道路で、大規模な玉突き事故が発生しました。東へ向かう車両が数台衝突事故を起こし、反対車線でも数か所で事故が起き、結局140台以上の車両を巻き込むことになってしまいました。

 

事故に巻き込まれたのは、乗用車、ミニバン、トラック、トレーラーなどで、中には完全に押しつぶされた車両もありました。

この日は感謝祭りの休暇のため、高速道路は混雑していました。辺りには濃い霧が立ち込めて、視界が悪い状態だったようです。

 

この事故で、大型トレーラーに追突された車に乗っていた2人が亡くなり、100人以上が近くの病院に運ばれたそうです。視界が悪いのにスピードを出し過ぎたのが事故の原因だそうですが、アメリカのトレーラーってすごく大きいので、想像しただけでゾッとしますね。

 

◆イギリスで起きた130台の玉突き事故

2013年9月にはイギリスで、130台の車がからむ玉突き事故が起き、世界各国で報道されました。

場所はロンドンから東に約50km離れたケトン州。朝の通勤ラッシュで、郊外の住宅から、ロンドンへ向かう車で、幹線道路は混雑していました。

 

この日は濃い霧が立ち込めており、視界が9mほどしかなかったそうです。その視界の悪さから、最初の車両が追突。追突された車両が前の車両に追突。大型トレーラーや乗用車など、その後も後続の車両が次々に衝突し、約10分間にも渡りその現象は続いたようです。

幸い亡くなった人はいなかったものの、けがをした人は200人以上、そのうち入院した人も30人以上もいたというから、大変な事故になってしまいましたね。

 

他にも、ドイツの制限速度がない高速道路で260台が絡む玉突き事故があり、その原因は豪雨で視界が悪かったこと、雨で車両がスリップしたことだったそうです。

 

玉突き事故に共通しているのが「視界が悪い」「渋滞」「スピードの出し過ぎ」です。

皆さんも十分注意してください。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト