事故になりやすいパターン

投稿日:2014.09.03

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故の多くは交差点で発生しています。また信号のある方が、無い場合より多く発生しています。特に夕方から夜にかけて発生することが多く、非市街地の方が市街地より多く発生しています。
このように、交通事故が起こりやすい状況がわかってきました。交通事故になりやすいパターンをみてみましょう。

 

【追突事故】
停止中の自動車に、後続の自動車が追突する事故は、信号待ちのときや、渋滞中に多い事故です。前に自動車がいるときは、車間距離を十分にとり、停止するまで気を抜かないでおきましょう。

 

【駐車状態からの発信】
歩道側に駐車していた自動車が突然動きだし、後ろからきた自動車やバイクが追突する事故も多いです。駐車後に動き出す場合は、特に右後方を確認し、車両が途切れるのを待ってから、方向指示器を付け、発進しましょう。また、駐車した車から人が降りる時に、後ろを確認せず、急にドアを開ける人も多いです。駐車車両の間から出てくる歩行者も多いので、駐車中の車のそばを通る時には、気を付けましょう。

 

【すり抜け】
自動車と自動車の間を、すり抜けるバイクによる事故も多いです。特に渋滞時に、停止車両の間を走行するのはやめましょう。また、前方をよくみて進行しましょう。

 

【車線変更時】
自動車が車線を変更した時に、横の自動車と接触したり、後ろからきたバイクと衝突したりする事故も多いです。車線変更をするときは、後方をしっかり確認してから、方向指示器をつけ、進路を変更しましょう。

 

【右折時・左折時】
自動車が右折しようと交差点で待っていたら、対向車両が進路を譲ろうと止まってくれたため、そのまま右折しようとして、その左側から走行してきたバイクと衝突する事故も多いです。また、左折する時に、バイクや自転車を巻き込んでしまう事故もあとを絶ちません。
右折・左折する時は、バイクの存在をいつも意識しましょう。また、トラックやバスに隠れている小型車にも注意が必要です。左折時には、左に寄ることも忘れずに。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト