交通事故後はこころのケアが大切

投稿日:2014.12.11

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故で傷を負った人は、一日でも早い回復を願い、治療を受けています。治療の過程や治った後も、様々な思いを抱え、時には人は恨んだり、羨ましく思ったり。そんな葛藤を続け、自分の心と向き合っているのです。

 

■加害者を許せない・・・

加害者のせいで、自分がこんなにも辛い目にあい、不自由な生活を送ることになったのかと思うと、怒りや憎しみなど、さまざまな感情に押しつぶされそうになることがあります。

 

加害者が赤の他人なら、まだ素直に感情を出せても、知人や家族であれば、相手のことを思う気持ちもあり、気持ちの持っていき場がないということもあります。

加害者を許せない自分が、許せなくなることもあるでしょう。

 

 

■事故直後より、しばらくたってからが深刻

交通事故のあと、治療を受けている時は、まだ「治りたい」「元の生活に戻りたい」という気持ちが強く、事故のことをゆっくり考える余裕がない人も多いです。

 

特に治療中は、医療スタッフや、リハビリスタッフなどのケアにより、誰かが自分をみてくれている安心感があります。

 

そうしているうちに、損害賠償などの手続きが始まり、書類の作成や手続きに追われ、この手続き自体が精神的な負担になったり、ずっと我慢している自分に気づいたりなど、色々な感情が噴出します。

 

「なぜ自分だけがこんな目にあわなければならなかったのか?」という思いが、ずっと頭から離れないという人もいるでしょう。

 

 

■その気持ちは正常なこころの反応です

加害者を許せない気持ちも、将来を不安に思う気持ちも、交通事故という突然の出来事に対しての、正常なこころの反応です。決して被害者が悪いわけではありません。

 

さまざまなこころの痛みは、時間の経過とともに、少しずつよくなっていきます。

 

一人で我慢していると、うつ病になったりPTSDになったり、もっと辛い精神的な病気になってしまうこともあります。

 

辛いときは、家族や友人など、周囲の人に話し相手になってもらいましょう。また、交通事故に関する様々な相談窓口も、上手に利用するといいでしょう。

散歩をしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、部屋に好きなアロマをたいたり、ゆったりとした気持ちで日々過ごしていれば、いつかこころも落ち着くので大丈夫です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト