交通事故について(4)交通事故証明

投稿日:2013.05.31

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

手順5)交通事故証明書申請

警察への届け出をすませたら、「交通事故証明」を申請します。

負傷を伴う交通事故の場合は、「人身扱い」の手続きのために「交通事故証明書」が必要になります。警察の届け出がないと証明書は発行されません。「交通事故証明書」は、最寄りの自動車安全センターから交付が受けられます。自動車安全センターや警察、損害保険会社などに備え付けてある申請書に必要事項を記入し、所定の手数料(1通につき540円)を添えて申し込みます。窓口以外でも、郵送やインターネットでも申請可能です。他府県で起きた交通事故でも、最寄りのセンター事務所で申請可能です。

ここで、注意するポイント!

事故相手から、「事故が発覚すると、会社の立場が悪くなるので、警察に届けずに、金銭だけで解決してほしい」と相談されることがあります。特に、ケガもないので、警察に届けず、加害者に車の修理費を請求しました。

しかし、後になって、加害者と連絡を取れないようになり、自動車の修理費は自己負担。その上、後になってむち打ち症の後遺症が出て、補償も受けられないことに。このような、被害に陥ることだけは避けましょう。

先述の警察への届け出にもあるように、「人身事故」「物損事故」に関わらず、警察への届け出は義務です。

また、その時は自覚症状がなくても、後に頸椎捻挫(むち打ち症)などの傷害が出る可能性があります。

そのような場合、警察に届けていないと「交通事故証明」の交付が受けられず、保険金請求が困難になったり、相手と連絡がとれなくなったりと、不利益を受けることになります。

「法律上届けなければならないことですので」と意思を伝えましょう。

また、急いでいるので後で処理してください。と頼まれることもあるでしょう。この場合も、同じです。交通事故に合ったら、あらゆる都合を後に回して、今するべきことを優先する覚悟が必要です。

 

手順6)保険会社への報告

最後に、保険会社へ交通事故の報告し、今後どうすれば良いか指示に従うことになります。(任意保険への保険請求は60日以内の届け出が必要です)

被害者の方も、搭乗者傷害保険などに加入していれば請求が可能になりますので、自分の加入保険会社にも報告しておきます。

当日に救急車で運ばれた場合は、受診した病院で交通事故治療を受けます。ケガが治ってから、保険会社により交通事故示談手続きが行われます。もし、後遺症の可能性がある場合は、症状が固定してからの示談交渉になります。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト