交通事故の後遺症認定について(1)

投稿日:2013.09.15

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

後遺症での損害賠償請求方法

●後遺症等級認定のしくみ

ある程度の治療が終了し、医師から症状固定と診断された時点で、傷害から後遺障害の損害賠償に移行します。後遺障害とは、事故による失明、半身不随といった重度の障害や、関節の変形など、「医学上、これ以上の回復が見込めない」と判断された身体的な障害のことです。

 

自賠責保険では、傷害保険金(支払限度額120万円)とは別に、「後遺障害別等級表」の等級に応じて、後遺障害保険金を支払うことが定められています。これに準じて、傷害による損害と、後遺障害による損害は、別々に算定します。

 

後遺障害を認定してもらうには、はじめに医師の診断を受け、「後遺障害診断書」を書いてもらう必要があります。この診断書の内容によって、後遺障害かどうかはもちろん、その症状が後遺障害別等級表の何級に該当するのかが判断されます。

 

後遺障害の等級認定は、ほとんどのケースが書類審査だけなので、後遺障害診断書には具体的な症状を記入してもらうことが必要です。自分の症状が何級の後遺障害にあてはまるのか、後遺障害別等級表で事前に確認しておきましょう。

 

●後遺障害と後遺症の違い

「後遺障害」と「後遺症」は、損賠賠償の領域においては同じような意味に捉えられることも多いですが、両者の違いは何でしょうか?

 

「後遺症」とは、医学的にみてある程度の治療が終了した後も残っている症状のこと。例えば、骨折などの治療は終了したけれど、まだ痛みは残っているという状態のことをいいます。

 

「後遺障害」も、傷や病気が治ったあとでも、身体に残っている傷害のことをいいます。自動車損害賠償法の第2条第2項において規定されているのが「後遺障害」です。

ますます違いが、よくわからなくなりますね。

 

つまり、後遺障害は、自動車損害賠償法に関する用語で使われるもので、後遺症の症状が、はたして労働能力を喪失させているかどうかという視点でとらえたものをいいます。

労災についても「障害」と規定されていますが、これも「後遺障害」に類似しています。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト