交通事故の示談金をより多く受け取る方法

投稿日:2014.03.20

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故に遭ってしまった場合、保険会社から提示される損害賠償金額は、実際に受け取ることができる金額より、低い場合もあるようです。

では、どうすれば多くの示談金を受け取れるでしょうか?

 

正しくは、適正な額を受け取る方法。と言っても良いと思います。

 

よくあるケースは、人身事故ではなく、物損事故になっていることがあります。

交通事故に遭った直後は、体のどこにも特に痛みがなかったため、病院にいかずにいる人が、意外と多いのです。交通事故にあった直後は痛くなくても、あとから症状に現れることがあります。目立った外傷が無くても、事故後早めに病院に行き、医師の診察を受けましょう。

警察に人身事故と処理してもらうには、病院の医師の診断書が必要です。診察を受けないまま物損事故として処理されてしまうと、あとから交通事故が原因とみられる症状が現れても、治療費などの支払いが保険会社からされない可能性があります。そうなってから、あわてて人身事故に切り替えようとすると、非常に手間がかかるのです。

交通事故では、こうした小さなことを、きちんと行っておくことが重要なのです。

 

また、安易に示談しないことです。示談を行うとやり直しがききません。加害者の保険会社は、被害者の味方をしてくれるとは限らず、法律において素人だと見くびられ、勝手に丸め込まれることもあります。主婦だから休業損害はないと言われたり、治ってもないのに治療を打ち切ると言われたり、根拠のない示談金額を提示されたりすることもあるので、少しでもおかしいと思ったことは、弁護士に相談してみましょう。

 

保険会社の人が提示する金額が低いということを、知っているひとは全体の1割弱しかいないというデータもあるそうです。弁護士に損害賠償の交渉を依頼した場合、示談金の額が、最初に提示された金額の2~3倍に増額になったというケースもあります。

 

弁護士に依頼する際には、報酬額の見積もりを出してくれます。ただし、交通事故の損害賠償額(最初の金額提示からの増額分)より、弁護士費用が高くなるような少額訴訟には注意しましょう。

 

交通事故専門院では、弁護士の紹介も行っております。お気軽にご相談ください。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト