交通事故専門接骨院の対応・環境

 

なぜ?!年間数百人の方々が

カルカル接骨院を事故後の

施術通院先に選ぶのか??

 

 

なぜなら、

矢印

 

 

専門接骨院にしかできない

対応環境があるからです!

 

 

まずは、カルカル接骨院で交通事故後のリハビリ施術を受けた方の感想を動画でご覧ください。

 

 

 

交通事故によってケガをしたり、リハビリが必要になった場合、病院に通うか接骨院に通うか、迷うことはありませんか?接骨院でも病院と同じように自賠責保険を使うことができ、通院毎の慰謝料も受け取ることができます。また病院と接骨院では対応が違い、病院にしかできない治療がある一方で、接骨院には接骨院にしかできない施術があります。それでは、病院と接骨院(整骨院)との違いをご説明します。

 

 

1、通院目的が違います。

病院では交通事故直後のレントゲンやMRIなどによる画像診断や精密検査、明らかな骨折、投薬治療などから、その後のリハビリまでを行うことができます。しかしながらリハビリ患者が多いため、治療時間は短くなってしまうだけでなく、施術担当者も変わってしまいがちです。

接骨院では、レントゲンやMRIなどでは異常が特定できない痛みやしびれ、むち打ち症などの日常に支障がある症状を早期回復させることができます。

 

 

2、得意分野が違います。

病院では骨の異常などのレントゲン検査や外傷・骨折の治療が可能で、湿布や痛み止めなどを処方・投薬することができます。しかし、レントゲン検査で異常がなくとも、数日後に痛みが表れたり、吐き気やだるさが出てくる場合もあります。

一方、接骨院はむち打ちや打撲、挫傷、捻挫などの専門家です。痛みのある患部だけに限定せず、全身の歪みや患部に影響する部位全体をみた上で、マッサージや矯正、電気、物理療法など、様々な施術を行うことができます。

 

 

3、個々に合わせた治療。

病院では医師が診察し、レントゲンで診断、投薬、リハビリと総合的に診ることができますが、患者さま個々の細かい症状に合わせた治療には対応できないことも。

接骨院なら、患者さま一人ひとりとコミュニケーションをはかりながら、変化していく全身状態や症状に合わせた施術で対応していくことができます。