主婦の休業補償の基準は5,700円?

投稿日:2014.11.24

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故で怪我をして、仕事を休んだ時にもらえる「休業補償」。どれくらいもらえるのでしょうか?

 

◆休業補償の自賠責基準は?

休業損害は、自賠責保険の基準としては、原則として1日5,700円です。ただし、これは最低の基準でも、限度額でもありません。

 

さまざまな証拠でそれ以上の収入があることが明らかな時は、源泉徴収などの収入を証明するものを提出することで、その実額が支払われます。

特に証明ができない、または証明に信憑性がないときは、5,700円以上の仕事をしていても、5,700円と判断されてしまうのです。

 

休業損害の対象になる日数は、実際に仕事を休んだ日数を基準として、被害者のけがの具合や、実際に治療に通った日数から、治療機関の範囲内で認めるとされています。

 

加害者が、任意保険に加入していない場合は、この自賠責基準により算定されます。

 

休業補償は、交通事故にあう前に「いくらの収入があり、それが休業したことでいくらもらえなかったのか」という事がポイントです。自賠責基準では、一応の基準として、平成14年以降に発生した事故については、1日につき5,700円と決められています。

 

◆1日当たりの損害額×休業日数

休業補償は、1日あたりの損害額と、休業日数とを掛け合わせ算定されます。

 

休業日数は、原則として実際に休んだ日数を基準とします。ただし、傷害の具合や、被害者の職種などを考慮し、治療期間の範囲内で認められます。そのため、実治療日数の2倍を限度とすることもあります。

 

また、実際に病院に通っていなくても、長管骨骨折や、脊柱の骨折などは、ギブス装着期間も実治療日数と同様にカウントされます。これは、通院した以外に日でも、傷害の程度や医師のすすめにより、自宅で静養することが明らかであれば、それも休業した分にみとめようとする動きからです。

 

保険会社によっては、通院した日数しか休業補償にカウントしないこともあるため、漫然と仕事を休んだわけではないという、きちんとした理由を伝えるようにしましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト