労災保険の損益相殺

投稿日:2014.09.01

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

労災保険とは、労働災害補償保険のことです。病気や怪我をしたときは、健康保険から保険給付が受けられますが、業務上の原因での病気や怪我は、労災保険から給付を受けることができます。
仕事中に自動車の運転をして交通事故にあった場合、労災保険からはどのような給付を受けられるのでしょうか?

 

【労災保険が行う給付】
・療養補償給付・・・労災病院や労災指定医で必要な診療が無料で受けられます。労災指定のではない病院にかかった場合は、窓口でいったん支払いをし、後から治療費が支給されます。
・休業補償給付・・・休業期間中、平均賃金の60%が支給されます。休業4日目から支給されます。
・傷害補償給付・・・傷病が治った後に後遺症が残った場合、厚生労働省令で定める障害等級に応じて、平均賃金にそれぞれ定められている日数を掛けた金額が、年金あるいは一時金として支給されます。
・傷病補償年金・・・病状が療養を始めてから1年6か月を経ても治らない場合、その傷病による後遺障害の程度が1~7級に該当する場合には、休業補償給付にかえて、それぞれの等級に応じた傷病補償年金が支給されます。また、1~2級で介護が必要な場合は介護保障給付があります。
・遺族補償給付・・・死亡した時は、遺族に一時金または年金として労災法別で定められた保険金が支給されます。
・葬祭料・・・死亡した場合には31万5000円に平均賃金の30日分を加えた額あるいは平均賃金の60日分の金額のどちらか高い方が葬祭料として支払われます。

 

【労災保険の損益相殺はどれくらい?】
交通事故の被害者が労災保険から上のような給付を受けると、受けた額は損害賠償額からは差し引かれます。ただし、労災保険の休業特別給や障害特別支給金は、慰謝料の部分は損益相殺の対象にはなりません。
また、労災保険には一時金と年金と二通りがあります。一時金については支給を受ければその分損害賠償額から減額をされます。年金の場合は、もらった分だけが対象になります。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト