命をまもる反射材

投稿日:2014.12.11

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

夜間の交通事故件数は、昼間の4分の1ですが、死亡事故の件数は、昼間より多いのです。まさに、夜の交通事故は、命がかかっています。

歩行者や自転者利用者が、夜間に交通事故に遭わないようにするためには、反射材用品やLEDライト等を活用することが効果的です。

 

■反射材とは?

反射材は、再帰性反射という、あまり聞きなれない性質を持つ素体のことです。

歩行者が反射材を身につけていると、どの方向から来る車のドライバーにも、よく光って見え、歩行者の存在を確認することができます。

 

これは、反射材を身につけているとき、車のヘッドライトの光が当たると、その光は光源である自動車に向かってそのまま反射されるのです。

 

反射材は、ガラスビーズとプリズムの2種類に分類されます。

 

 

■反射材はどれくらい光るの?

運転者が歩行者を発見して車が止まれるまでの距離は、例えば、乾いた路面を時速60kmで走っているときで約44mです。

車がすぐ止まってくれると思っている歩行者も多いですが、明るい服装であったとしても、交通事故に遭う危険性があります。

 

これに対して、反射材を身につけていた場合は、反射材によっても異なりますが、約57m以上の視認性が確保されています。

反射材非着用の場合と比べ、格段に安全性が向上するのです。

 

 

■反射材の例

工事の人が着ている反射ジャンパー、腕に付ける反射リストバンド(反射腕章)など、歩行者用の反射用品は色々あります。キーホルダーやストラップ方もあります。

 

反射シートを、かばんや靴のかかとに貼り付けることも、効果的です。

 

 

■子供におすすめのレインコート

夜間と同じくらい交通事故が起きやすい雨天時。通学の子ども達には、傘よりレインコートがおすすめです。

 

一見レインコートとは思えない、お洒落なデザインが話題になっています。ランドセルもすっぽりくるむ大きさで、フードの幅も広く透明な素材なので、前も見えやすいです。

 

レインコートの胸の部分と、後ろの部分に反射材がついています。これなら、雨の日も安全ですね。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト