安全運転にドライブレコーダー?

投稿日:2014.03.20

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

タクシーなどに装着されていて、万が一の交通事故やアクシデントに巻き込まれた時の“証拠”となる、「ドライブレコーダー」。最近は、一般ドライバーの購入が、増えているそうです。

ドライブレコーダーは、映像や音声を自動的に記録することができます。車に取り付けて使用し、自動車に大きな衝撃が加わった前後数秒の時刻、位置、前方映像、速度、ウィンカー操作、ブレーキ操作等を記録します。

ドライブレコーダーを取り付けるメリットとは、どのようなものなのでしょうか?

 

一つ目は、交通事故の瞬間に何が起きたのかを記憶することで、事故後の処理をスムーズしてくれることです。交通事故の加害者と被害者の言い分が食い違い、目撃者もいないというケースは少なくありません。そんなとき、ドライブレコーダーはあれば、事故の一部始終を記録し、客観的に判断する材料となるのです。

また、当たり屋などによる交通事故を装った詐欺などから、防衛するアイテムとしても力を発揮してくれます。

 

二つ目は、家族旅行や、仲良しグループのドライブなど、思い出の映像として楽しむことができます。旅行先の美しい景色や、子どもたちの様子などを記録として残し、後から動画サイトにアップして楽しむこともできます。一人旅にもぴったりですね。

 

そして三つ目は、運転をしている自分の映像も撮ることができるので、危険な運転をしていないかどうか、交通ルールをきちんと守っているかどうかなどを、チェックすることができます。たまたま交通事故にまでは至っていないだけで、見返してみると、ヒヤリハットの事象だった、ということもあります。また、運転手のみならず、法人企業であればそれを安全運転教育に活かすこともできます。

 

このように、ドライブレコーダーは交通事故の記録だけでなく、趣味や交通安全教育にも活用されています。

任意自動車保険では、ドライブデコーダーを装置しているかどうかで、優遇措置が検討されはじめているそうです。タクシーやバスなどの事業用の車両だけでなく、一般の車にも、カーナビゲーションやETC車載器とともに、ドライブレコーダーの装着が当たり前な時代になるようです。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト