完全な100:0はあり得ない。過失割合

投稿日:2015.08.20

○完全なる、100:00は有り得ない

 

皆様、自動車を運転されていると言う事は、何らかの形での「自動車教習所」を無事に卒業して、免許試験に合格されています。さて、ここで質問です。自動車教習所の授業で習った事柄、どれだけ覚えていますか?。恐らくは、数年も経つと、頭の中から消え去っている筈です。覚えているのは、交通標識の意味と交通マナー程度ではないでしょうか?。実は、ここにも落とし穴が潜んでいるのです。損害保険会社の事故担当者が頭が痛いのは、その基本知識を忘れているご契約者への説得なのです。坂道では、「下り」が優先。交差点等では、「左折」が優先。交差点内では、「直進」が優先などなど。

 

 

よく有る例として、前方車への追突事故です。ここで揉めるのが、相手が悪い!の一騒動です。前方車への過失割合を求めるのなら、前方車が、故意にブレーキを踏んだ事を立証する義務が、後方車に存在します。自動車教習所では、「車間距離」は前方車が急ブレーキを踏んだとしても、余裕を持って停まれる距離を保つ事を教えられている筈です。やりがちなのが、若者の「イライラ運転」です。簡単に言うと、「煽り運転」の事です。これって、後方車の過失割合がかなり課せられる事をご存知でしょうか?。

 

 

また、ご自身が、完全に停車しているのに突っ込まれた場合でも。その停車している状態や場所が、問題となる事が有ります。今現在、自動車事故の示談交渉の世界では、「完全なる100:00」は存在しないと言っても良いかも知れません。限りなく、100:00に近いしか有り得ない状態になっています。