対人と対物で過失割合が異なるケース

投稿日:2014.12.11

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

同じ交通事故なのに、怪我の治療費と、車の修理代で、過失割合が異なることがあります。対人と対物で過失割合が異なることはあるのでしょうか?

 

■過失割合は等しい

過失割合というのは、客観的なものであり、対人でも対物でも、一定のものでなければならないと考えられています。つまり、同一事故の対人と対物で異なるということは、基本的にはありません。

 

しかし、実際には、人に対する損害と、物に対する損害とでは、取り扱いが異なることがあります。

 

 

■被害者保護の観点で異なる

過失割合は、被害者の過失により、損害額が減額されるという考え方です。実際に、被害者は怪我をして、その治療を続け、後遺障害が残ることもあります。

 

仕事を休んだり、家事育児ができなかったりと、不自由な生活をおくるだけではなく、様々な心労もあります。

 

そのため、被害者救済の観点から、過失割合は、被害者側に多少有利に考えようとする傾向があります。そのため、対人賠償の過失割合の基準が、対物賠償の過失割合より、被害者に有利になるのです。

 

 

■対物に考慮はありません

人身事故と比べて、物損事故の場合には、厳密に双方の過失割合をとって、損害額を決定します。そこに、考慮すべき事情も被害者救済の観点もありません。

 

対人と対物と両方の損害が生じる交通事故では、対物の金額が、対人の金額より少額になるため、それほどもめることはありません。

しかし、高級車に乗っていた場合など、物損の額が大きくなるときは、もめることが多くなります。

 

 

■自賠責保険は対人のみ

自賠責保険は、被害者保護の観点にたつ保険ですので、被害者に有利な過失割合になります。そのため、任意保険の対人賠償より緩やかな判断がされています。

一方、対物は任意保険のみの範囲での補償になります。

 

■示談で解決を

裁判になると、過失割合は一定に定められます。しかし、交通事故の損害賠償は、示談により、お互いに納得できる額になるように、譲り合い、話し合いをすることが重要です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)

カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト