後遺障害の基本(1)後遺障害とは?

投稿日:2014.09.14

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故に遭い、治療を続けても、症状が残ってしまうことがあります。今回は、「後遺障害」について説明します。

 

■後遺障害とは?

後遺障害を定義すると、以下のようになります。

・自動車事故後に適切な治療を行ってきたにも関わらず、

・肉体的または精神的な状態に対して、

・治療の効果がこれ以上はのぞむことができず、

・将来にわたって回復の見込めない(症状固定)の状態となり、

・状来にわたって精神的または肉体的な不具合がのこり、

・かつ、その状態と事故との因果関係が医学的に認められるもので、

・その状態が予め政令で定めた類型にあてはまるもの

をいいます。

 

■症状固定とは?

医学的な意味では、「受傷の回復・改善が期待できなくなった状態」をいいます。

 

損害賠償的な意味では、「賠償期間の終了、治療の打ち切り」を意味します。

 

治療を続けていくと、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、症状は次第に軽くなっていきます。その後、リハビリや投薬をうけると症状は少し軽くなるけれど、少したつとすぐに戻ってしまうという、一進一退の状態を繰り返すようになります。

 

残ってしまった症状については、「後遺障害」として、損害賠償上の問題を早期に解決しましょう、というしくみです。「症状固定」後に、すべての損害の賠償を請求することになります。

 

【保険会社に症状固定と言われた時】

単純に、治療費をこれ以上払いたくないという意味で言っている可能性があります。

症状固定がどうかは、主治医に先生とよく相談して、判断することであり、保険会社のいいなりになる必要はありません。

 

【医師に症状固定と言われた時】

治療効果については、被害者自身にしかわからないこともあります。もう少し治療を続けたい場合は、遠慮せず医師に伝えましょう。

 

症状が固定になれば、後遺障害の認定を申請することになります。

 

主治医に「後遺障害診断書」を作成してもらう時には気を付けるべきことも多いため、信頼できる医療機関や法の専門家(行政書士や弁護士)への相談をおすすめします。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト