心構えと事前の備え 事故直後の対応を安全な今考えてみよう

投稿日:2013.07.19

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

事故にあって怪我をしたら、誰かが救急車を呼んでくれて、警察が現場にやってきてくれて、病院に運ばれて治療はちゃんとしてもらえて、治療費等の費用は後から保険会社がちゃんと払ってくれて、損害があったらきっと警察とか保険会社が何とかしてくれるだろう、―― 漠然とこう思ってる方も多いのではないでしょうか。

 

たしかに、ぱっと考えると、事故直後からの流れは概ね上記のように進むでしょう。

万が一事故にあっても、自分に過失がなければ、いや、多少の過失はあったとしてもそのために保険に入っているのだし、けがの治療費は全快まで保険で全額カバーされるはず。

事故にあってもいないのに予防も何も考える必要はない、と思いがちです。

 

ですが、それは大きな間違いです。交通事故の後始末は自身が動かなければなりません。たとえ100%先方に過失があり、自身が完全に被害者だとしても、また、怪我人として入院治療し、仕事も休まざるをえなくなり、ご家族にも不便を強いることになっても、だからといって誰かが自動的にフォローをしてくれるわけではありません。むしろ、たとえ軽傷で済んだとしても治療中に様々な手続きをしなければならないのですから、かなりの負担になるのです。

 

どう備えておけば最小限度の負担で済むでしょうか。心構えという心理的な面と、保険等の手続面の両面で考える必要があります。どちらがハード面でどちらがソフト面かは考え方次第ですが、片方たけを万全にしておいてももう一方がおそろかではいざというときに役立ちません。

 

心構えの面とは、事故直後にまずどう動くべきか、相手方へどう接するべきか、怪我をした場合にまず必要なことは何か、事故当日にすべきことは何かを大まかに把握しておくことです。

事故に合えば誰しも動揺し、冷静な判断ができなくなりがちです。まして、怪我をしたらなおさら、応急処置をまず第一に考えるべきですから、他の行動が遅れてしまいがちです。

 

まず、法的義務があります。道路交通法72条で規定されているのは以下の義務です。

・運転者等は直ちに車両等の運転を停止

・負傷者を救護

・危険を防止する措置を講じる

・直ちに警察に日時・場所、死傷者の数・負傷者の負傷の程度並びに損壊した物の程度・措置等を報告する

 

加害者であれ被害者であれ、これらは必ずしなければなりません。事故を起こし、運転を停止するのは当然ですが、負傷者の救護や危険防止措置も義務なのです。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
交通事故対応専門サイト