歩車分離信号で自転車はどっち?

投稿日:2014.10.01

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

歩車分離信号で、歩行者用の信号機をみて、自転車に乗って渡ってしまう人や、車両信号機が青でもそのまま待っている自転車を、見かけたことはありませんか?

 

歩車分離信号では、歩行者と自動車はそれぞれの信号を基準にすればいいのですが、「自転車」についてはどうなのでしょうか?今回は自転車の渡り方について、ご紹介します。

 

◆自転車の大原則!

歩車分離信号に限らず、自転車が信号を渡る時には、ルールがあります。

 

まず、交差点に「自転車歩行者専用」(または自転車専用)の信号機がある場合は、自転車はどの位置を通行する場合でも必ずそれに従います。

 

専用信号が無く、自転車横断帯がある場合、自動車の信号機に従って自転車横断帯を通行することになってしまいます。自転車横断帯がある交差点では、自転車は必ず自転車横断帯を通行しなければならないので、横断歩道を通行することはできません。

 

専用信号機が無く、自転車横断帯も無い場合、車道を通行する場合は自動車用の信号機に従い、歩道を通行する場合は歩行者用の信号機に従います。

 

 

◆歩車分離信号では?

先の道路交通法改正で、車道の路肩を走行する際、車両の左側のみ走行できるといったルールができたように、原則車道を走行するというのが定着してきました。

 

車両側の信号が青の場合、車道の左側通行でそのまま交差点を通過できそうですが、「自転車歩行者専用」(または自転車専用)がない場合は、それが可能です。専用信号があるなら、専用信号に従う必要があります。

 

自転車横断帯がない歩車分離信号で、歩行者とともに横断歩道を渡りたいときは、自転車を押しながら通行すればいいのです。ただし、斜めに横断することは、スクランブル方式以外の歩車分離信号ではできないので、注意しましょう。

 

このように自転車は、交差点によって守るべき信号が異なります。歩車分離信号は、ほとんどが「自転車歩行者専用」となっていますので、自転車を押して横断歩道の上を通過するように、いつも心がけておきましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト