病院・接骨院へ通院する前に

 

病院・接骨院へ

通院する前に

知っておくべきこと

 

 

交通事故に遭ってしまった場合、保険を使って病院や接骨院で治療を受けるには必要な手順があり、留意しておかなくてはいけないこともあります。これらを怠ってしまうと自賠責保険が使えず、自費で治療を受けなくてはいけなくなったり、本来は完治するはずだったケガが治らずに後遺症となるケースもあります。全てあなた自身の身体を守るために必要なことですので、しっかりと理解しておいてください。

 

 


 

 

交通事故の直後に

 

 

不幸にも交通事故に遭ってしまった直後、特に留意しておかなくてはいけないことを記述します。ここではドライバーの義務である、けが人の救出や二次的事故の防止などは記載しておりません。保険を使って治療をうけるために必要な留意点のみを記載しています。

 

 

警察への連絡

 

事故に遭ったら、まず警察に電話することを忘れないようにしましょう。仮に大した事故でなくても、後々で体調の不具合が出てきた場合、警察への届出をしていないと保険金請求に必要な「交通事故証明書」が発行されず、保険が適用されなくなってしまいますので注意が必要です。

加害者には交通事故届出の義務がありますが、人身事故扱いになってしまうと免停処分を受けてしまう可能性が有るため、警察に届けず示談にしたいと言ってくる場合があります。しかしながら早い段階で示談にしてしまうと、後々体調不良が出てきた場合に揉める原因になってしまいますので、軽い気持ちで示談を成立させてはいけません。また、警察に届けたとしても、物損事故として処理した場合は後から治療費を請求しようとしても原則できませんので注意が必要です。

 

 

自身の保険会社への連絡

 

ご自身が運転していた車の加入している保険会社にすぐ連絡して、交通事故に遭った事を伝えてください。搭乗者傷害保険を掛けていれば請求することが出来ます。

 

 

病院での受診と診断書

 

事故直後は緊張状態にあり、ケガをしていても気が付かない場合があります。また、むち打ち症などの場合は事故から数日後に症状が出てきますので、可能な限り事故直後に病院で診察を受けておくべきです。また、受診した時点で痛み等がある場合は、必ず症状のある患部全ての診断書をもらっておくべきです。

 

 


 

 

医療機関選びに際して

 

医療機関はあちこちにたくさんありますが、いざ交通事故の治療で通うとなると、どこに行けば良いのか迷われると思います。ここではどのような医療機関を選べば良いか、大切な基準を挙げてみます。

 

 

①「むち打ち」等の治療実績が十分あるところを選ぶ

交通事故被害の治療技術に優れ、根本的な治療をしてくれる所を選びましょう。患者さまの苦痛に耳を傾けず、通り一遍の治療や痛み止めを処方するだけ。そんな病院・整形外科(医療機関)では安心して治療を任せることはできません。

 

 

②交通事故患者の受け入れ態勢ができているところを選ぶ

損害証明をきちんと手続きしてくれる医療機関に通院する事も大切です。十分な治療を受けられない医療機関では適切な補償・後遺障害の等級が認定されず、その結果、満足な慰謝料・賠償金を受け取れない事にも繋がってしまいます。

治療だけでなく、損害証明に必要な検査をしてくれ、必要事項を診断書やカルテに適切に記載してくれる医療機関でなくてはなりません。また、保険会社の言いなりになってしまう病院や整骨院も避けたいところです。

 

 

③本当に交通事故専門と言えるところを選ぶ

交通事故専門を謳っている接骨院は多くありますが、その対応経験が十分あり、一人一人に対して、柔軟にきめ細かく状況判断し、その都度的確な治療・アドバイス・対応をしてくれる所は多くありません。また、交通事故対応に強い弁護士とパイプがあり、紹介できることも治療に専念する為に必要な要素と言えます

 

 


 

 

接骨院に通う際に

 

交通事故傷害の治療に際し、保険会社は病院を主として治療を受けるよう話をしてくるケースがあります。しかしながら保険は被害者を守るために掛けられているのですから、最も効果的であると思われる治療を受けられない理由はありません。では接骨院での保険の適用はどのように考えておけば良いのでしょうか。

 

 

病院と接骨院の

使い分けや併用を

 

病院にはレントゲンやMRIなどの機器があり、医師の診断も受けられ、薬を処方することができますが、患者さま一人一人の症状に合わせて細かなマッサージやリハビリなどの施術まではできない所がほとんどです。

一方、接骨院にはレントゲンの機器もなく、薬も処方できませんが、患者さまの症状を正確に把握し、細かなマッサージやリハビリのための施術を施すことができるのが強みです。

交通事故ケガ治療の場合は、病院と接骨院のそれぞれ良い所を「使い分けて通院」するのが良い選択です。勿論、病院に行きながら接骨院に通うことが可能です。

 

整形外科と整骨院の比較表

 

 

※カルカル接骨院でも警察提出用の人身事故切替え書類を発行しておりますので、上記表内の診断書の項は△としました。

※カルカル接骨院では、現在通院中の方のほとんどが使い分けて通院治療を継続されています。具体的な使い分け方は、個々の症状や状況で異なりますので、初回の時にしっかりと説明いたします。患者さまの症状や状況を判断し選択することで、早期回復や完治に繋がっていくでしょう。

 

 

保険適用の接骨院なら

加害者や保険会社の

了承は不要

 

保険適用ができる接骨院に通うのであれば、原則的には患者さまの自己負担無しで施術を受ける事ができます。加害者の任意保険会社や加害者本人の了承は “被害者保護の為”、必要としません。カルカル接骨院ならもちろん保険適用されますので安心して治療に専念していただけます。

 

 

保険会社への連絡

 

事前に保険会社へ「接骨院へ受診する旨」連絡をしていただくのが一般的ではありますが、相手損保より「医師の許可・紹介状をもらってから接骨院へ行ってください。」「整形外科(病院)へ行ってください。」「事故後しばらく安静にしてから、後日接骨院は行ってください。」等の内容を言われ、早く接骨院で効果的な施術を受けたいのに話が進まないケースがあります。そんな場合、まずはカルカル接骨院にご来院して、相談ください。当院から加害者の任意保険会社に連絡してお話させていただきます。

 

 

万が一の

後遺障害等級認定にも

頼りになるところを

 

万が一、完治せず後遺障害が残ってしまった際に、その手続きや認定獲得に積極的に協力してくれないところでは不安が残ってしまい、安心して治療を続けられません。必ず手続きや認定獲得のための知識があり、積極的に協力してくれる接骨院を選ぶようにしましょう。カルカル接骨院では後遺障害等級認定獲得にあたり、できる限りの対応を専門家と協力し行なっていますので、安心してご相談いただけます。