知人の車を借りて起こした事故

投稿日:2014.04.13

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

家族ではない、他人の車を運転する時に交通事故を起こしてしまったら、保険はどうなるのでしょうか?

 

ほとんどの自動車保険には「他車運転特約」が自動的に付帯されています。万が一、自分や家族が他人の車(普通乗用車)を運転中に事故を起こした場合、自分の車にかけている「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害保険」などが支払われています。ただし、所有者がその車の使用を承諾している場合にだけです。

 

それでは、車を持っておらず自動車保険に加入してない人が、他人の車を借りた場合の保険はどうなるのでしょうか?

 

その車の自動車保険を利用する

借りた車が、家族・夫婦・本人限定が無く、誰が運転しても保険を使える契約で、運転者の年齢条件も合っていれば、事故の時にその車の保険を使うことができます。

この場合のメリットは、特別な手続きは必要ありません。なお、限定条件があっても、借りる期間だけ条件を変更してもらえば補償可能です。この場合は追加の保険料と手続きが必要になります。

ただし、保険を使った場合の翌年以降、保険料がアップします。基本的に保険を使えば3等級下がるので、等級が小さいうちは大きな負担になってしまいます。

 

ドライバー保険の短期契約

クルマを借りることになったために、自動車保険に加入する人もいます。

ただし、ドライバー保険の契約期間は1年間となります。1年のうちに何度も他人名義の車を運転する人には便利な保険ですが、例えば「年に3日間だけ加入したい」というケースでは、どうすればよいのでしょう。

 

このような場合でも、契約は1年間になってしまいます。それでも加入を希望する場合は契約後、車を借りる期間が過ぎたら解約すれば保険料が戻ってきます。ただし、保険料は月割りでしか戻ってこないので、お得ではありません。手間とお金の戻りを考えると、車を借りて短期間使用するというのは、今のところデメリットの方が多くなってしまいます。
神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト