自動車保険 家族限定特約

投稿日:2014.09.19

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

「年齢条件」をつけていたら、条件を変更したときに保険料がアップして、ビックリすることがあります。そんなときこの家族限定をつければ保険料を抑えることができます。

 

自動車保険で、年齢条件の次に検討したい「運転者限定特約(家族限定特約)」。運転者を特定することで、通常よりも割安な保険料になるということで人気が高いです。

 

◇家族限定特約とは?

家族限定特約とは、自動車保険の対象のドライバーを「家族」に限定する特約です。

通常、自分が保有している車に対して自動車保険をかけますが、その車を家族が運転する場合は、家族限定特約をつけ、家族が運転しても自動車保険の対象になるようにします。家族限定の割引率は3~10%と保険会社によりさまざまです。

 

◇家族の範囲は?

家族限定でしばしば問題になるのが、家族の範囲です。家族の範囲はどこまでなのでしょうか?

 

〇本人・・・自動車保険を契約している車を主に使用する「本人」を基準と考えます。

〇配偶者・・・その方の配偶者は対象になります。この配偶者は、配偶者婚姻の届け出をしているひとはもちろん、内縁関係にある方(婚姻の届け出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情がある方)も含みます。

〇同居の親族・・・同居の親族とは、6親等以内の血族と3親等以内の姻族を指しますが、これは本人とその配偶者それぞれからみることができます。

〇別居の未婚の子・・・同居してなくても未婚(結婚歴のない)の子どもは補償の対象になります。これも同居の親族同様、本人だけでなく、その配偶者の未婚の子も対象になります。結婚している子どもで、上記の「本人」と別居している場合は、家族限定の対象になりません。家族限定のときは、別居中の子どもが「結婚しているか、未婚か」が関係します。

 

◇運転者を家族に限定し、年齢条件が30歳以上保障の場合、別居中の子どもが20歳のときはどうなる?

保険会社により、年齢制限を優先する場合と、家族限定を優先する場合があります。つまり補償される場合と補償されない場合がありますので、必ず確認しましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト