自動車保険|年齢条件、家族限定の素朴な疑問

投稿日:2014.09.21

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

◆次のような場合はどうでしょうか?

 

「Aさんは、友人に運転をかわってもらうこともあるため、自動車保険の家族限定特約はつけていません。年齢条件は、息子が21歳なので、年齢21歳以上補償に設定しています。

 

ある日、弟とその子供(甥Tさん)が遊びに来ました。Tさんは息子と同級生。年齢条件を満たしているだろうと思い、Tさんに車を貸しました。するとTさんが事故を起こしてしまい、後からまだ20歳だったことがわかりました。この事故は補償されないのでしょうか?」

 

◇年齢条件の適用範囲は?

年齢条件が適用されるのは、「記名被保険者、配偶者、記名被保険者または配偶者の同居親族、上記の方の業務(家事以外)に従事中の使用人」です。そのため、同居してない甥であるTさんは、年齢条件の対象になりません。

 

年齢条件の対象にならないからといって、事故が補償されないというわけなく、この事故はAさんの自動車保険の補償の対象になるのです。

 

このような例は、帰省中の子どもや別居の親族、友人・知人などでも保障されることになります。ただし、家族限定しているときは、補償範囲内での適用になります。

 

◆次のような場合はどうでしょうか?

 

「Sさんは、自動車保険に家族限定特約、26歳以上補償特約をつけています。同居していた26歳の子どもBさんが結婚して家を出ることになりました。

Bさんは、たまに帰ってきて運転することもあるのですが、どうしたらいいですか?」

 

◇結婚した子どもは家族限定の適用外

家族限定特約は、別居中の子どもでも適用されます。別居中の子どもは、年齢条件の適用がないので、別居中の子どもが何歳でも自動車保険の対象になります。

 

ただし、結婚して別居する子どもは、自動車保険における「家族」には限定しません。

上記の場合、Bさんは、「運転者の年齢条件」の適用対象にはならず、また「家族限定」の適用対象にもなりません。そのため。友人や知人が運転した場合と同じ扱いになります。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト