自転車事故の保険

投稿日:2014.04.16

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

自転車にのっているときに歩行者とぶつかって怪我をさせたら、それは交通事故になります。焦らずに落ち着いて行動しましょう。

自動車事故と同じように、すぐに自転車の運転を停止し、負傷者をすぐ救護、そして道路における危険を防止する措置を講じてください。

その後、警察に報告しましょう。

 

自転車事故は、自動車事故の場合と違って、自賠責も任意保険もないため、治療費や慰謝料はどうなるのでしょうか?

 

自転車事故に備えるには「傷害保険」と「個人賠償責任保険」の2つは必要です。

「傷害保険」は、自転車に乗っていたり歩行中に自転車にぶつかったりした場合の自分のケガに備える保険で、「個人賠償責任保険」は、自転車事故で他人にケガをさせたり、物を壊して法律上の賠償責任が発生したりといった場合の支払いに備える保険です。現在、自転車向けの保険として販売されている保険商品は、この2つがセットになっていることが多いです。

「個人賠償責任保険」は自動車保険や火災保険、傷害保険などの特約として用意されていることが多いので、新たに加入しようとする人は、自分が加入している損害保険にすでに含まれていないか、契約内容をチェックした方がいいでしょう。

「個人賠償責任保険」は、通常月に数百円程度で加入者だけでなく家族も補償されるため、支払い能力のない未成年者の備えともなります。未成年者の自転車事故が多いだけに、ここもチェックしたいポイントですね。

 

また、小中学校に入学すると、「独立行政法人日本スポーツ振興センター」の災害共済給付制度への加入を促されますが、これは子供が学校の管理下で「けが」などをした時に、保護者に対して給付金(災害共済給付)を支払う制度です。自転車通学や部活動での移動などは、補償の対象になりますが、自転車通学が認められていない生徒が、たまたま自転車で通学し、起きた災害は特別な事情を除き対象外になります。特別場事情とは、学校により異なるので、別の自転車保険の加入をすすめている学校もあります。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト