過失割合の考え方(7) 車同士の事故の場合

投稿日:2013.09.27

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

■車の過失について

車同士の事故では、過失割合はどうなるのでしょうか?

例えば、センターラインオーバーによる対向車同士の事故や、一方が青信号の時に、赤信号で交差点に進入してきた車との事故などは、加害車両に過失が100%あります。

100対0という事例は案外少なく、車同士の事故では、実は事故状況が複雑なケースが多く、示談交渉が決裂して紛争に発展することも少なくありません。

多くの場合は当事者双方が、相手車両のほうに多くの過失があると、感じてしまうものです。

 

それでは、信号機のある交差点ではどうでしょうか?

信号機のある交差点での直進車同士の事故では、両方の信号機が「赤」を表示していた時の過失割合は、ともに50%ずつです。また、一方の車両が「黄」で、もう一方が「赤」と判断された場合には、「赤」で進行していた車両の過失が80%となります。

 

また、道路幅がほぼ同じ信号機のない交差点ではどうでしょうか?

この場合、直進車同士の事故では、交差点侵入時に減速したかどうかで20%も過失割合が変わってきます。

このように、車同士の事故では、示談交渉を有利に進める意味でも、事故状況で過失割合が大きく変わるケースがあることを知っておく必要があります。

 

 

■自動車の修正要素

 

道路交通法に「右折車は交差点を直進する車がある場合には、その車の進行を妨害してはならない」という規定があります。そのため、ともに青信号で進行した場合、直進車と右折車では、過失割合は右折車の方が高くなっています。

また道路交通法に「車が右折する場合には、徐行しなければならない」というきまりもあります。徐行しないで右折しようとした車は、法規違反があるため10%の相殺率を加算します。

 

このように、道路交通法には、さまざまな決まりがあり、法規違反があった場合には、相殺率が加算されます。

また、自動車は、酒気帯び運転やわき見運転などの「著しい過失」や、酒酔い運転や無免許運転などの「重過失」がある場合も、加算要素になります。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト