雪道走行の注意点

投稿日:2014.03.19

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

雪の日が多くなるこの季節は交通事故も急増します。雪道で特に注意することは何でしょうか?今回テーマは、「雪道走行の注意点」です。

 

例えば、急な車線変更でステアリング操作を行うと、どうなるでしょう?この場合、スリップしてコントロールできなくなります。雪道で特に注意したいのが、このスリップによるトラブルです。

雪道を、乾燥路面と同じ感覚で運転していては、交通事故のもとです。雪道では、予想以上に路面が滑ることを頭に置き、スピードの出し過ぎに注意し、前の車との車間距離も多めにとるようにしましょう。

 

特に、下り坂のブレーキ操作は念入りに行います。坂の手前でしっかりと減速し、フットブレーキと、エンジンブレーキも使って、速度をコントロールします。発進時や上り坂では、アクセルペダルを不用意に踏み込むと、タイヤが空転して発進できないので、アクセルはじわりと踏み込み、ゆっくりとした発進を意識します。

 

そして、雪道で忘れてならないのが、「急ブレーキを絶対にかけないこと!」です。雪の上で急ブレーキをかけると、クルマが左右に振られ、場合によってはスピンを起こすこともあります。

 

雪の日に、特に交通事故が起こりやすい場所は、風通しのよい橋の上や陸橋、そしてトンネルの出入り口付近です。他よりも気温が低いため、路面が凍結しやすく、大変危険です。

また、多くのクルマが停止・発進を繰り返す交差点も、交通事故が起こりやすくなります。

積雪の多い地方では、道路との境界に、矢印や反射板のポールを設置しているところが多いので、それに従って走行するようにします。

 

気温の下がる朝晩や夜の走行は、昼間と比べられないほど危険が潜んでいます。昼間は濡れているだけの路面も、夜には凍結路面となっていることもありますので、さらなる注意が必要です。

 

降雪時の路面は、雪の量や走行する時間帯などによって刻々と変化します。雪道をはしる時は十分に注意して、交通事故に遭わないようにしましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト