頚椎症の自己診断

投稿日:2014.03.27

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

自分の首のコリや肩こり、手足のしびれの原因は、「頚椎症」であるのではないかと心配な方は、是非チェックリストで自己診断してみて下さい。下記の10個の項目で、どれにあてはまるかをチェックしてみましょう。

 

1.上を向いたり首を反らすと痛みを感じる

2.慢性的なコリがあり、マッサージなどをしてもよくならない

3.慢性的なコリがあり、頭痛やめまいや、胸の痛みなどを伴う

4.首から左右どちらかの肩、腕、手などに痛みやしびれを感じる

5.首を動かすと、以前より可動範囲が狭くなった

6.両側の肩、腕、手、足などに痛みやしびれがある

7.指先を使う細かい作業ができない

8.足がもつれた感じになり歩きにくくなり、階段も登りにくくなった

9.足の裏に違和感があり、熱さや痛みの感覚が鈍い

10筋力が低下し、軽いものももてなくなった。歩行困難

 

皆さんはいくつ当てはまりましたか?どれか1つでもあてはまっていれば「頚椎症」の疑いがあります。1~4は「頚椎症性神経根症」、5~10は「頚椎症性脊髄症」の疑いがあります。

首を反らすと、神経根の通り道である椎間孔や脊髄が通うっている脊柱管が狭くなっているため、痛みが出たり、その痛みが強くなったりします。また、痛みがなくても首を前後左右に動かし、以前より可動域がせまくなっているようであれば、「頚椎症性脊髄症」の可能性もあります。

 

病院では「スパーリングテスト」といって、患者さんに上を向いてもらって頭を押し、痛みが起こるかどうかを調べる、神経根の検査もあります。頚椎に異常があると上を向いたときに症状が強くなるため、確認が必要です。

 

ただし、これらのチェックリストは「頚椎症」の可能性を見つけるためのものです。もしかすると「頚椎椎間板ヘルニア」が原因で現れることもあるので、必ず病院を受診しましょう。

 

高齢者は筋力が低下しがちですが、「頚椎症性脊髄症」が進むと、急激に筋力が低下します。

また、脚の筋肉がこのくらいのレベルまで低下すると、歩行がきわめて困難になり、寝たきりへと悪化することもあるので、早期に治療することが大事です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト