高速道路 4月から値上げ

投稿日:2014.09.07

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

高速道路料金が4月から値上げされたのをご存知ですか?全国の高速道路会社6社は、4月からの新たな料金案を国土交通省に申請し、3月14日に正式に決まりました。

 

料金体系の見直しには、消費税が8%になったことと、別の理由もあります。

 

今まで東日本・中日本・西日本の高速道路会社3社が行っている現在の割引制度に必要な財源は、会社側が計5000億円、国が4000億円負担していました。今後は国が負担しないことになったため、割引制度を見直すことになったようです。

 

新料金では走行距離に応じた体系になり、1kmあたりの料金水準は、普通区間24.6円、大都市近郊区間29.52円、海峡部等特別区間108.1円になりました。また、料金単位は原則の50円刻みから10円刻みに変わり、端数は四捨五入されています。

 

税金を使った割引は原則廃止になり、高速道路会社が自ら財源を負担する割引は継続されました。ただし、割引はETC(自動料金収受システム)を利用する車に限られ、現金払いをする車の割引はなくなりました。

 

ETCの割引は、地方部間の普通車で、平日の朝夕割引(平日の午前6~9時、午後17~20時)は月の利用回数に応じて割引(月5~9回以上の利用で3割、月10回以上の利用で5割引)、休日割引(土日祝)は5割引、深夜割引(0時~4時)は3割引になりました。

 

*朝夕割引は、ETCマイレージサービスの事前登録が必要になります。

*休日割引の5割引は、6月末までの予定で、7月からは3割引になります。

*大都市近郊区間は、休日割引、平日朝夕割引については対象外です。

 

値上がりするものばかりではありません。建設費がかかり、今まで割高だった明石海峡大橋などは、ETC利用の料金が値下がりしました。

 

関東では、東京都心部と千葉県を結ぶ京葉道路は、増税分と渋滞対策に充てる分を合わせて、1区間が普通車で100円から130円に、全線利用で600円から750円になります。首都高では距離に合わせて、普通車なら10円から30円の値上げになります。

 

高速道路を利用するドライバーの方は、ご注意ください。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト