(事故発生時)どう行動する?

投稿日:2014.10.14

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故にあってしまった時に、被害者はどう行動したらいいでしょうか?

 

◆まず、あわてないこと!

交通事故にあった時には、あわてたり、うろたえたりしないことが大切です。落ちついて、周りの状況をよくみて、冷静に対応しましょう。

 

◆事故現場で行う3つのこと

(1)事故現場を確認すること・・・事故現場の状況をよく確認しましょう
(2)加害者と加害車両の確認をすること・・・加害者とその車を確認しましょう
(3)警察へ通報すること・・・加害者が怪我をしている場合は、代わりに近くの警察へ、必ず事故の届け出をしましょう

 

◆現場の確認とは?

交通事故では、どちらかが100%悪いという事は少なく、お互いがそれぞれ悪い所があり、どちらがどの程度悪かったのか?という捉え方をするのが、一般的です。

そのため、被害者も加害者と同じように、現場の状況を確認する必要があります。
交通事故の後、警察がくるまでは、できるだけそのままに現場を保全しましょう。

他に走行している車の迷惑になったり、危険になるようなときは、道路わきによって停車させます。
そのときは、お互いの停車位置や状況を予め確認してからにしましょう。

 

◆加害者の義務について

交通事故の際には、加害者には3つの緊急措置義務があります。

車両等の運転の停止、負傷者の救護、道路における危険の防止です。交通事故を起こしたらすぐに運転を止めます。怪我人がいれば病院に運ぶか、救急車を呼びます。

お互いの停止位置や事故の状況を確認したら、道路わきに車両を停止し、ガラス片など散乱しているものを片付けます。

こちらは、次回、詳しく説明します。

 

◆被害者が必ず行うこととは?

被害者は、ひき逃げや当て逃げにそなえ、加害車両のナンバーと、車種、車体の色や特徴などをメモしておきましょう。

また、運転免許証や身分証明書をみせてもらい、現住所、指名、電話番号、勤務先など、確認できることは、出来るだけ多く聞いておきましょう。

また、交通事故を起こした車両が、加害者が所有しているものとは限らないので、自動車検査証や自動車損害賠償責任保険証明書、自動車保険証書をみせてもらって、所有者を確かめておきましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト