(積極損害)積極損害の種類

投稿日:2014.10.18

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故の被害者は、損害賠償の請求をすることができます。

人身事故と物損事故によって、損害の中身が異なります。

 

 

◆損害賠償はケースバイケース?

 

実は、どのようなものを損害として、その賠償金額をいくらにするのかは、特に法律に定められた条文はなく、ケースバイケースといった感じです。

 

ひとつひとつの損害を積み上げていき、最終的な賠償金額が決定しています。

 

そのため、損害賠償について、いくつか分類に分けて体系化しようと試みがされています。

 

◆積極損害と消極損害の違いは?

 

損害賠償の世界では、「積極損害」「消極損害」いう言葉がよくでてきます。初めて聞く方には、ちょっと不思議な単語ですね。

 

積極損害とは、怪我をして病院に通ったり、訴訟のために弁護士を雇ったりなど、交通事故に遭ったことで実際に支払ったお金(支出)のことです。

 

消極損害とは、仕事を休業したことの損害や逸失利益のように、交通事故に遭わなければ、得られていたお金(利益)を、失ったことに対する損失です。

 

◆人身事故の積極損害

 

人身事故で認められている積極損害の種類は、以下の通りです。

 

・治療費関係

・通院交通費

・付添看護費関係

・入院雑費・謝礼

・弁護士費用

・器具などの購入費

・将来の手術費・治療費・雑費など

・家屋等改造費

・葬祭関係費用など

 

◆物損事故の積極損害

 

物損事故で認められている積極損害の種類は、以下の通りです。

 

・修理費(修理可能な場合)、買い換え費(修理不可能の場合)

・代車使用料など

 

◆積極損害と消極損害以外に「慰謝料」

 

人身事故の場合、交通事故の被害者は、通院を余儀なくされたことや、後遺症が残ったことなど、精神的な苦痛を感じています。

 

その精神的な苦痛に対して「慰謝料」が支払われます。

 

被害者が亡くなってしまった場合にも、家族に対して慰謝料の請求は認められています。

 

慰謝料は、自賠責保険による基準、任意の自動車保険による基準、弁護士基準と3つの考え方があるのが一般的です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト