(積極損害)裁判で認められたその他の費用

投稿日:2014.10.24

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

損害賠償はケースバイケースであるということは、以前お伝えしました。一見、被害者の損害としては遠いように思える費用について、認められたものをご紹介します。

◆子供の学習費

子供が交通事故にあい、長期の入院を余儀なくされると、周りの人より勉強が遅れてしまいます。

学力不足を取り戻すために、家庭教師を依頼した費用を認めたケースもあります。

また、大学生が留年したり、浪人したりした場合も、その分の授業料・家賃代などを認めたケースもあります。

このように、子供や学生が交通事故によって入院し、学校を休んだために勉強が遅れ、その遅れを取り戻すためにかかった費用などは、その被害の程度、内容、年齢、家族状況に照らして必要だと認められる場合は、その費用の相当額が学習費として認められます。

◆子供の保育料

小さな子供の親が交通事故にあい、病院の通院や入院を余儀なくされたるときもあります。

子供を保育園やベビーシッターなどに預けた場合に、かかった保育費用については請求が認められています。
家事ができないことから、家政婦を雇った場合も、その費用を請求することができます。

◆弁護士費用

交通事故の損害賠償請求で、裁判になった場合、被害者は弁護士に依頼することもできます。被害者が弁護士を依頼する場合、着手金や訴訟費用といった実費を支払い、事件解決後に報酬を支払うという契約をすることが多いです。

この弁護士費用は、判決で決着するケースには、認められていることが多いです。ただし損害額の10%程度です。

また、損害賠償請求でかかった、資料や書類の費用についても、必要かつ相当な範囲で認められることもあります。

◆遅延損害金

交通事故が発生してから、実際に損害賠償としての保険金が支払われるまでに、かなりの日数がかかることがあります。

被害者側で裁判を提起し、判決が出れば、裁判所は遅延損害金の請求を認めてくれます。一般的には年5%の利息です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
交通事故対応専門サイト