(積極損害)通院交通費って何?

投稿日:2014.10.22

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

積極損害の「通院交通費」とは、どのようなものなのでしょうか?

 

◆通院交通費とは?

 

交通事故にあった被害者が、病院へ通院するときに、バスや電車を使うことがあります。また、通院だけでなく、入院や退院、転院する時なども同様です。このような交通費は、「通院交通費」として請求することが認められています。

 

一般的には、公共の交通機関を利用した実費が認められます。

 

◆通院にマイカーを利用した場合は?

 

公共の交通機関ではなく、自家用車(マイカー)で通院した場合はどうでしょうか?

 

このときは、ガソリン代、高速道路代、駐車場料金などの実費相当分を請求できます。

ガソリン代は、1キロ15円で計算されることが多いです。

 

◆病院によってから通勤した場合は?

 

被害者が病院へ行ってから通勤や通学するような場合、または、通勤や通学の帰りに病院に行くような場合は、自宅からの往復よりも費用がかかることがあります。

 

このときの交通費も、請求することができます。

 

◆タクシーでの通院したときは?

 

通院交通費は、基本的に、バス代や電車代の実費を請求することができます。中には、通院でタクシーを使う人もいるでしょう。

 

傷害の部位、程度、年令、交通機関の便などの総合的な事情から判断して、やむを得ない場合に限り、相当程度の費用は認められます。

 

しかし、仕事上の理由や、タクシーを利用する必然性がない場合は、被害者の自己負担とされてしまうこともあります。

 

タクシー代が認められる可能性が高いのは、下記のような場合です。

 

・事故直後のいわゆる急性期の場合

・怪我により歩くことができない場合。

・歩くことが症状を悪化させる場合

・人目にふれることが被害者にとって、著しい精神的苦痛となるような症状である場合

・他に病院までの交通機関が無い場合

・公共交通機関の運行はあっても、1日数本といった頻度で利用できない場合

 

仕事上の理由などは認められませんが、例えばタクシーで通院することで欠勤時間を短くすることができるなど、休業損害が少なくような場合には認められます。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト