ネット損保/通販型損保

なぜ、通販型損保やネット損保が安いのか?

投稿日:2015.08.20

何故、通販型損保やネット損保が保険料が安いのか?。

 

それは、保険代理店や店舗を持たないからです。店舗を持たない = 人件費削減・店舗家賃等の軽減などです。内情を暴露すると、フリーコールで電話を掛けると、オペレーターが対応します。そのオペレーターが、質問内容を答えている時に見ているのが、PC画面です。そのPC画面に出て来ない内容になると、「折り返しのお電話」となります。

そう、詳しい保険知識が頭に入っていない事が多いのです。

また、ここが一番の落とし穴になるのです。自動車事故が起きた場合、事故手続き等はご契約者に丸投げ状態になる事。つまり、全ての手続きを、ご契約者自身がしないといけない事です。

 

 

民間の損害保険会社には、きちんとした国家資格を持った「保険代理店」を抱えています。この場合、手続き等は、全て、保険代理店が行ってくれます。極端な一言で言うと、示談の進捗状況の指示と、「示談書」に署名捺印するだけで良いと言う事です。通販型やネット型の損保は、確かに、保険料が格安になります。ご契約者自身が、手続きを行う為には、ある程度の「保険知識」を持っていなければならない事です。そして、社員数が圧倒的に少ないので、事故処理の進捗状況がどうしても遅くなる場合が多い事です。

 

 

誤解して頂きたくないのが、通販型やネット型損保はダメだと言う事ではなく。保険知識が無い方にとって、不利な結果になりやすいので、正しい保険知識や示談方法の知識が有る方がご契約するのをお薦めしたいと言う事です。今まで、数えきれない程、通販型やネット型損保と示談交渉を行って来ました。その都度、保険知識の無いご契約者の迷子状態を、散々、見て来ました。損害保険会社は、ただ単に、保険料が安い!で選ぶのではなく。口コミや周囲の方々の評価を、ご参考にして選ばれる事をお薦めします。

○損害保険会社は、安さで選ばない事が大切

 

まず、お尋ねします…。車両保険と対物賠償の違いって、何ですか?。対人賠償:無制限ってどう言う事ですか?。免責金額って、何でしょうか?。自動車保険(共済)が、保険金支払い拒否する場合って、どんな時ですか?。これらの質問に即答できないお方は、自動車保険の基礎知識が無いと言う事です。

 

※正解

・車両保険 → 自分の車の損害を、カバーする保険。対物賠償とは違います。
示談結果に因って発生した自己負担分や、単独事故等の車の修理代です。

 

・対物賠償 → 相手方の車や、損害を与えた公共建造物や家などへの賠償する保険

 

・対人賠償:無制限 → 自賠責保険の賠償限度額をオーバーした時に、賠償限度額がなく、いくらでも対人賠償の保険金を支払う事。

 

・免責金額 → 簡単に言うと、「自腹支払い」の金額の事。事故回数で、金額が変わってくる。自腹で支払ってくれる分、保険料を安くしますよと言う事。「免ゼロ特約」をつけると、自腹支払い無しの全額支払いになる。

 

・支払い拒否(免責) → 違法改造車での走行による、事故発生。暴走行為・違法行為(飲酒運転など)による事故発生。違法薬物などの影響で、正常運転が出来ないと解っていて運転していた場合。テロや暴動など、想定外の事態での損害が発生した場合など。

 

今の世の中、損害保険の世界は、価格競争で熾烈な闘いを繰り広げています。特に目立つのが、以前にはなかった、「通販型損保」や「ネット損保」です。当然、世の節約家の方々は、1円でも安い保険料で済ませたいものです。しかし、ここに落とし穴が潜んでいるのです。