交通事故に遭う前の準備/心構えと事前の備え

『車の保険の落とし穴!!』

投稿日:2015.08.20

自動車の保険には、2種類あります。強制保険である「自賠責保険(共済)」と、自動車の持ち主が契約するか否かを判断できる「任意保険(共済」です。強制保険である「自賠責保険」は、原則、契約していないと公道を走る事は出来ません。でも、任意保険は、契約していなくても公道を走る事は可能です。この、任意保険の落とし穴について元プロの目線からご説明したいと想います。

 

 

○ 任意の自動車保険(共済)とは?

時々、勘違いをされているご契約者がいるのです。自賠責保険を掛けているから、任意保険は必要ないと言われるのです。強制保険である自賠責保険は、国が定めた「被害者救済」を目的とした、「対人賠償」のみの保険です。「対物賠償」は、有りません。特に、高齢者の方に多い傾向なのですが、よくよく話を聞いてみると自賠責保険だけだった…。損害保険会社の事故担当者が、頭を抱える事態となるのです。勘違いされるポイントは、自賠責保険だけで対人賠償が可能であるや、対物賠償もしてくれるとの思い込みです。

 

 

※2015年8月現在

・自賠責保険賠償限度額

死亡 :3,000万円

後遺症:最高4,000万円

傷害 :120万円

 

 

ご存知でしょうか?

今の世の中、恐ろしい事になっている事をです。働き盛りのサラリーマンを、対人事故で死亡させたり、後遺症が残る様な重大な怪我を負わせた場合。最低でも、約2億円の損害賠償が請求されます。これは、将来に渡って、そのサラリーマンが稼いで来るであろう給料を計算するからです。同じく、専業主婦の場合でも、一定の家事労働を給与として認めて、計算する事になります。

また、道路に佇んでいる「信号機」。これに突っ込んでなぎ倒した場合は、最低でも、約1,000万円の賠償。ガードレールに至っては、100mにつき約300万円の賠償。相当、セレブなお方でない限り、とても支払える金額では有りません。この、とても支払えない賠償金額を支払ってくれるのが、任意保険である「自動車保険(共済)」なのです。対人事故の場合、まず、自賠責保険が先に適用されます。そして、自賠責保険の賠償限度額を越えて、初めて、自動車保険(共済)の登場となるのです。

でも、実際にいるのです。自分は慎重な運転しかしないから、大丈夫とか。自賠責保険で、何とかなるだろう。これらの危険な方々が、堂々と公道を走っているのです。

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

東日本大震災の被害が記憶に新しいですが、南海トラフの巨大地震が、今後30年以内に70~80%の確率で起こると言われています。

 

神奈川県は東海地震が発生する可能性がある地域とされていますが、東海地方には地震予知のための観測機器が設置され、気象庁が24時間体制で観測しています。

 

ちなみに、国の有識者会議の想定では、神奈川県藤沢市の被害想定は、「最大震度6弱」「最大津波高7m」「津波(1m)到達最短時間32分」だそうです。

 

 

【内閣総理大臣による警戒宣言】

 

地震の発生の恐れがある場合には、内閣総理大臣から『2~3日以内に大地震発生の恐れがある』『数時間以内に大地震発生の恐れがある』というような内容の警戒宣言が発せられます。

 

内閣総理大臣による警戒宣言が発せられた場合は、一般車両の通行は禁止されるか、制限されます。

 

 

【緊急地震速報】

 

緊急地震速報とは、地震の発生直後に、各地での揺れやその到達震度を予測し、テレビ・ラジオ・携帯電話などで、可能な限り素早く知らせる情報のことです。

 

緊急地震速報が発せられた場合は、急ブレーキをかけてはいけません。

 

 

◆運転中に警戒宣言が発せられた時

 

あわてることなく、低速で走行するとともに、カーラジオ等により継続して地震情報や交通情報を聞き、その情報に応じて行動しましょう。

 

 

◆緊急地震速報が発表された時

 

車を運転中に発表を知ったときは、あわててスピードを落とさないようにしましょう。

周囲の状況に応じて、非常点滅表示灯をつけるなどして周囲の車に注意を促した後、緩やかに速度を落とします。

 

 

◆運転中に大地震が発生したとき

 

大きな揺れを感じたら、急ハンドル、急ブレーキを避けるなど、できるだけ安全は方法により道路の左側に停止させましょう。

 

 

車を置いて避難する場合は、出来るだけ道路外の場所に移動します。

 

やむを得ず道路上に置いて非難するときは、道路の左側に寄せて駐車し、エンジンを止め、キーはつけたまま、窓を閉め、ドアはロックしないことを、覚えておきましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

普通車や軽自動車で、大型トラックやバスの近くを通ったときに、怖いと感じたことはありませんか?

 

中央分離帯のない道路で、大型車とすれ違う場だけで、こちらに突っ込んできやしないかとビクビクしたり、左右を大型車に挟まれてしまったら、その壁の圧迫感で緊張してしまったり。大型車の近くを運転することに、不安を抱いている人は少なくありません。

 

トラックやトレーラーは、たくさんの荷物を一度に運びます。そうすることで、日本の流通はなりたっているのですが、その分車は大きく重たくなります。車体が重たくなれば、ブレーキをかけてから車が停止するまでの距離(制動距離)が長くなり、万が一追突されたなら、甚大な被害を受けることになります。

 

それは大型車の特性にも関係しています。大型車は、普通車より車高が高いため、視点が高く、死角が少ないという特徴があります。そのため、前の車との車間距離が短くなってしまうという傾向があるのです。

 

まずは、大型車は普通車と同じように加速したり、減速したりして曲がるといった動きを、機敏に行うことが出来ないということを認識しておきましょう。

 

【大型車の近くを走る時の注意点】

◆オーバーハング

後輪より後ろにはみ出す部分が大きい大型車は、低速で大きくハンドルを切った時に、車体の後ろ側が、車線を大きくはみ出すことがあります。これを、オーバーハングといいます。右左折する大型車が前にいる場合は、このオーバーハングを考慮して、無理に横を通過しない方が安全です。

◆内輪差

車は曲がるときに、前輪よりも後輪が内側に通ります。これを内輪差といいますが、大型車は、普通車に比べて、内輪差が大きくなります。そのため、大型車が右左折時や曲率のきついカーブなどで大きくハンドルを切る場合には、車体が内側にはみ出すことがあります。大型車より内側を走行している場合は、十分注意しましょう。

 

【大型車の前に入る時の注意点】

車線変更をして大型車の前に入る時は、十分距離がはなれてから、減速しましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

バイクに乗っているときに、コンタクトレンズのトラブルを、経験しているライダーは意外と多いです。特に視力が悪ければ悪いほど、めがねよりコンタクトレンズを選ぶ傾向にあるので、コンタクトレンズのトラブルは大きな事故につながりやすいのです。
コンタクトレンズ使用のライダーは、何に注意したらよいでしょうか?
【コンタクトレンズがずれた・・・】
例えばコンタクトレンズがずれてしまい、いきなり視界が悪くなってしまうというトラブル。実際にレーサーが練習中に、コンタクトレンズが原因で視界を失い、制御不能になり、コースアウトしてしまった、ということもあったようです。
コンタクトレンズを使用している人は、視力が悪い人が多く、使用中のコンタクトがなくなると、一瞬にして視界がぼやけてしまいます。それがバイクの走行中で、さらにスピードを出しているときなら、かなり危険ですね。
コンタクトレンズを使用する方は、安全運転に努めることは当然ですが、風などの影響を受けないためにも、ジェットヘルではなく、フルフェイスヘルメットにすることをおすすめします。

 

【コンタクトレンズにゴミが入った・・・】
コンタクトレンズにゴミが入り、痛みのあまり目を開けることができなくなってしまうことも、よくあることです。すぐに運転をやめて、コンタクトのゴミを洗い流し、付け直せればいいのですが、それができない状況もあります。
片目で痛みと戦いながら、ひやひやしながら走行し、やっとの思いでコンタクトを外したけれど、洗浄液もコンタクトケースも何もなく、再び装着することができないで困った人も多いでしょう。ゴミが入った目をこすると、目に傷がついてしまうので、これも注意が必要です。

 

バイクに限ったことではありませんが、コンタクトレンズを使用して乗り物を運転する方は、もしものことを想定し、あらゆる準備を怠らないようにしましょう。特に、必ず替えのコンタクトを準備しておくか、メガネを準備しておくことをおすすめします。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

以前、糖尿病を患っていたドライバーが、高校生をはねる事故がありました。そのときの加害者は「持病の糖尿病の治療による低血糖で、意識障害に陥っていた」とされ、責任能力は認められませんでした。ジムの帰り道の事故だったようです。

 

また別の交通事故で、ドライバーが運転中に糖尿病による意識障害を起こし、交差点で3人死傷させるという事故がありました。このとき、加害者は運転前に意識障害の予兆を感じており「体の変調から意識障害が予測された時点で、運転をやめることが可能だった」として、禁固3年の実刑判決を言い渡されました。
このように、糖尿病患者の交通事故は、糖尿病の低血糖状態から起きた意識障害を予測できたかどうかが焦点になるようです。
糖尿病で“インスリン”や“血糖降下薬”を使用している人は、「運転中に低血糖をおこし大事故を起こしてしまうかも」と不安を抱えている人も多いでしょう。低血糖になる前には、自覚症状があらわれます。
【低血糖状態の自覚症状とは?】
血糖値が70 mg/dl以上あれば問題ありません。
血糖値が70 mg/dl以下になると、異常な空腹感、冷や汗、振るえなどの症状があらわれます。
血糖値が50 mg/dl以下になると、中枢神経の働きが低下し、倦怠感、動悸、顔面蒼白、紅潮などがあらわれます。
血糖値が30 mg/dl以下になると、意識状態、異常行動、けいれん、こん睡状態から死に至ることもあります。
まれに、無自覚のままこん睡状態になることもあります。

 

カナダの研究グループの報告では、血糖値を厳格にコントロールしている糖尿病患者は、低血糖による交通事故リスクが高い傾向にあるということです。“インスリン”や“血糖降下薬”を使用する人は、低血糖反応の徴候に十分に注意し、特に運転前など血糖測定を行う方がよいとされています。

 

糖尿病になったら運転をしないという選択肢もありますが、どうしても運転をしなくてはいけない場合には、医師に相談し、血糖自己測定器と、ブドウ糖やそれに代わるものを、常に側に置いておきましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

1 / 212