交通事故の後遺障害等級の12級について

後遺障害12級

投稿日:2014.12.11

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

むち打ちの後遺障害で、14級についで多いのが12級の認定です。14級よりも等級が上がるため、認定を受けるためには、厳しい条件が必要です。

 

■後遺障害12級とは?

後遺障害12級は、14の項目から構成されています。

 

1号: 一眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの

2号:一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

3号:七歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

4号:一耳の耳殻の大部分を欠損したもの

5号:鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの

6号:一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの

7号:一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの

8号:長管骨に変形を残すもの

9号:一手のこ指を失つたもの

10号:一手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの

11号:一足の第二の足指を失つたもの、第二の足指を含み二の足指を失つたもの又は第三の足指以下の三の足指を失つたもの

12号:一足の第一の足指又は他の四の足指の用を廃したもの

13号:局部に頑固な神経症状を残すもの

14号:外貌に醜状を残すもの

 

むち打ちの関係する項目は、13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」です。

 

 

■後遺障害12級の支払金額は?

後遺障害12級の自賠責保険上の上限額は、224万円です。

また、同じく12級の自賠責保険上の慰謝料額は、93万円です。

 

後遺障害第12級の場合「労働能力喪失率」は14%です。12級13号の場合、「労働能力喪失期間」は5~7年、長くても10年が一般的のようです。慰謝料は弁護士基準の赤い本なら290万なので、いかに適切な賠償を受けるかが重要です。

 

 

■12級と14級の違い

症状が12級に該当するか,12級に該当するかは他覚所見がある(障害の存在を医学的に証明できる)かが一つの目安になります。

 

14級と認定されていたものでも、異議申し立てをして、裁判の判決では12級を勝ち取ったものがあります。

 

異議申し立てをするときは、個人でもできますが、弁護士に依頼した方が立証できることもあります。まずは専門家に相談してみましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト