交通事故治療に適した医療機関選びのポイント

損害保険会社が整骨院 接骨院の通院を勧めない??

投稿日:2015.07.08

ほとんどの場合は接骨院通院を認めていただき、治療費など手続きを院←→損保と直接やりとりする(任意自賠一括)対応をしていただいています。この一括対応をしてもらえないと患者さまには一時的な費用負担が発生しますので、一括対応が有るか無いかは、被害者様からすると重要な事となります。

 

損保会社さまが「接骨院の通院を認めない」というのは、この「一括対応はしません」という事で有って、被害者さまの接骨院通院を止められるものではありません。しかし、「接骨院に一括対応はしません」=「接骨院だと治療費は払えません」と言われ、一時的にでも治療費の自己負担をさせられる被害者様の気持ちはいかがなものでしょうか。

 

また、「その一時的な治療費は必ず後で払います」といった約束はしていただけないでしょう。あくまで、立替えた治療費などは「必要かつ妥当」なら後で払います。と言ったハッキリとしない立ち位置で言われます。そんな状況で、そのような場所を通院先として選ぶ被害者の方はどれくらい居るのでしょうか。

 

これは、被害者個々の状況・症状を考えると、時に機会損失と言えるかもしれません。

 


 

前述したように、ほとんどの患者様は、(加害者)相手損害保険会社様から「治療費は直接カルカル接骨院へ支払うので、どうぞ通院に専念してください。」とご対応いただき円満に示談までしています。

 

ただし、損保会社様にとっては通院の融通が利きにくい等、病院(整形外科)だけに通院をしてもらった方が治療費や手続きの面で良い事もあります。

 

また、損保会社様は、過去の裁判例で自社に有利だと思われる事を強調しセールストークしてくる事もあるようです。「病院で紹介状や許可をもらってから接骨院へ行ってください。」と言われるのはその例の1つです。(通常、捻挫 打撲 挫傷に許可や紹介状の必要はありません。)

実際に裁判になる事はほぼありませんが、もしそうなった場合に限り、そのセールストークは被害者様への優しさに変わる事もあり得ます。これは状況次第で最初の段階では分からない事も多く判断は難しいです。

 

まとめますと、被害者の方は、まずは自身の体を治す為にはどうしたら自分にとってベストか?を考え、後悔しない選択をする事が良いと思います。加害者側の損保会社様の指示や言う事をすべて鵜呑みにするのは場合によっては後悔します。病院や整形外科と併用して接骨院へ通院したい時は、その理由も合わせて相手損保様へ伝えるのが良いと思います。苛立ちや怒りが有っても、冷静にそれを主張してください。また余談ですが、女性(子供)、若い男性、高齢者の方は、出来るだけ働き盛りの男性を損保様からの連絡先とした方が良いかもしれません。

 


 

損保会社セールストーク抜粋(患者さまから聞いた内容です。)

「接骨院はダメなんですよ。」

「接骨院は、医療機関ではないので診断書が書けません。診断書が書ける所(だけ)に通院をお願いします。」

「接骨院だと、最近自賠責保険がおりない事があるんです。整形外科(だけ)に行ってください。」

「医師の指示書がないと接骨院通院はダメなんです。」

「接骨院は、科学的根拠がないのでダメなんです。」

「むちうち症の治療期間は3ヶ月なんですよ。」

 

などなど。その内容の正確さ(その背景に有る損害保険料率算出機構)はさて置き、会話には必ず前後が有り、その言い方が有ります。ごく一部の損保担当者は、状況・立場を生かし、それらを上手く活用する事によって被害者を誘導する手法を取っているのかもしれません。

ちなみに、何故そう思ったか?

なぜなら、ご自分の掛けている任意保険会社(人身傷害特約や一括対応など)で仲介を行う際には、上記セールストークが有った話しを聞いた事がありません。やはり、自社のお客様に対する接し方とは違うのでしょう。

 

今、被害者のあなたが主に連絡を取っているのは、加害者加入の任意保険会社でしょう。そしてそれは原則、加害者(自社の保険加入者)の味方である事を忘れずに対応していく必要があります。

 

TOPページに戻る

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故で傷を負った人は、一日でも早い回復を願い、治療を受けています。治療の過程や治った後も、様々な思いを抱え、時には人は恨んだり、羨ましく思ったり。そんな葛藤を続け、自分の心と向き合っているのです。

 

■加害者を許せない・・・

加害者のせいで、自分がこんなにも辛い目にあい、不自由な生活を送ることになったのかと思うと、怒りや憎しみなど、さまざまな感情に押しつぶされそうになることがあります。

 

加害者が赤の他人なら、まだ素直に感情を出せても、知人や家族であれば、相手のことを思う気持ちもあり、気持ちの持っていき場がないということもあります。

加害者を許せない自分が、許せなくなることもあるでしょう。

 

 

■事故直後より、しばらくたってからが深刻

交通事故のあと、治療を受けている時は、まだ「治りたい」「元の生活に戻りたい」という気持ちが強く、事故のことをゆっくり考える余裕がない人も多いです。

 

特に治療中は、医療スタッフや、リハビリスタッフなどのケアにより、誰かが自分をみてくれている安心感があります。

 

そうしているうちに、損害賠償などの手続きが始まり、書類の作成や手続きに追われ、この手続き自体が精神的な負担になったり、ずっと我慢している自分に気づいたりなど、色々な感情が噴出します。

 

「なぜ自分だけがこんな目にあわなければならなかったのか?」という思いが、ずっと頭から離れないという人もいるでしょう。

 

 

■その気持ちは正常なこころの反応です

加害者を許せない気持ちも、将来を不安に思う気持ちも、交通事故という突然の出来事に対しての、正常なこころの反応です。決して被害者が悪いわけではありません。

 

さまざまなこころの痛みは、時間の経過とともに、少しずつよくなっていきます。

 

一人で我慢していると、うつ病になったりPTSDになったり、もっと辛い精神的な病気になってしまうこともあります。

 

辛いときは、家族や友人など、周囲の人に話し相手になってもらいましょう。また、交通事故に関する様々な相談窓口も、上手に利用するといいでしょう。

散歩をしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、部屋に好きなアロマをたいたり、ゆったりとした気持ちで日々過ごしていれば、いつかこころも落ち着くので大丈夫です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

最近「交通事故治療」という看板を掲げた、整骨院や接骨院が増えてきました。

しかし「交通事故治療」は、誰もが簡単にできるものではありません。「交通事故治療」には、「交通事故に対する知識」が必要だからです。
「交通事故に対する知識」とは、自賠責保険や任意保険の手続きに関すること、治療費や慰謝料や後遺症に関することなど、交通事故に関するより深い知識と、保険会社と患者さんの両方への対応が含まれます。その上で、ひとりひとりの患者さんにあった治療方法を提案し、患者さんにご納得いただいた上で、治療をすすめていかなくてはなりません。
ただの金儲けだけで「交通事故治療」を始めた整骨院や接骨院は、このような「交通事故に対する知識」に乏しく、結局は対応しきれなくなり、患者さんも離れていきます。

 

いい交通事故治療院の見分け方には、次のようなポイントがあります。
1.交通事故治療の症例数(実績数)が多い→経験が豊かな柔道整復師(国家資格)に、自分に合った治療をしてもらえる
2.行政書士や弁護士など法の専門家と提携している→複雑な交通事故に関しても、法律に即した適切なアドバイスをもらえる
3.夜間・休日対応→仕事が終わってから通院できる、仕事が休みの日に通院できるなど、治療に通いやすい

 

以上の3つのポイントに基準に、「交通事故治療院」を比べてみて下さい。
当店はその3つを全てかね揃えている、全国でも珍しい「交通事故治療院」です。
交通事故治療で最も大切なことは、患者さんの「治りたい」という思いであり、患者さんが治療に専念できる環境づくり、そのために万全なサポート体制を整えております。是非「交通事故治療」は当店にご相談ください。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

年間何十万件もの交通事故による負傷者がでていますが、そのうちの半数以上がむち打ち症にかかるといわれています。

交通事故治療専門院では、こうしたむち打ち症などの交通事故による怪我や病気の施術を、専門的に行っている整骨院・接骨院です。交通事故による怪我や病気の施術実績が多いことはもちろん、交通事故治療の専門院の特徴としては、大きく3つあります。

 

一つ目は、「窓口での支払いが0円」ということです。交通事故治療の費用は、保険の適用になります。ほとんどの場合、自賠責保険や任意保険などの自動車保険の適用になります。そのため、治療を受ける方が、窓口で支払いをすることはなく、かかった費用は整骨院・接骨院から保険会社に請求することになります。ただし、示談前で損保が一括払いに対応した場合に限ります。

 

二つ目は、整形外科などの「病院からの転院や、病院との同時通院が可能」という点です。病院にはさまざまな患者さんが訪れるため、レントゲンにうつらないむち打ち症などの治療は、湿布を渡されるだけだったり、簡単なリハビリで終了ということが多いです。また、交通事故についてそれほど詳しくないため、手続き等の対応がスムーズで無い所もあります。

交通事故治療専門院では、こうした病院からの転院もできますし、病院に通院しながら整骨院・接骨院で施術を受けることもできます。自賠責保険の査定では病院も整骨院・接骨院でも扱いは同じなので、同時通院の場合でも、窓口での費用の支払いは原則ありません。また慰謝料についても、同じ日に病院と整骨院・接骨院に行かなければ、治療を行った日数にそれぞれ加算されるので、(4200円×通院期間の日数)か、(実治療日数×2)の少ない方で査定されます。

 

三つ目は、「交通事故専門の弁護士や行政書士の紹介や、無料相談が可能」ということです。交通事故に遭い、相手の保険会社と交渉する場合には専門的な知識が不可欠です。交通事故治療専門院では、交通事故を専門に扱っている弁護士や、後遺症認定率トップクラスの行政書士の紹介を行っており、さまざまな方面からのサポート体制ができています。そのため怪我や病気の施術に専念でき、早い回復も期待できます。

 

交通事故での治療やリハビリには、交通事故治療専門院がおすすめです。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

交通事故に遭っても、「このくらいの痛みであれば病院行かなくても大丈夫」と我慢してしまう人もいます。身体のどこかに痛みや異常を感じたときは、大したことがないと思っても、すぐに病院にいきましょう。

では、交通事故に遭った時は、どんな病院にいったらいいのでしょうか?実は交通事故での病院選びはとても重要です。

 

「何科を受診したらいいですか?」

交通事故にあったときは、体のどこかを、車や自転車などにぶつけていることが多いので、骨折や捻挫などの状態にあることが多いです。そのため、整形外科を選ぶといいでしょう。

もしも頭を打って意識レベルが低下していたり、強い外傷がある場合は、脳神経外科などがある総合病院を選ぶと、いろいろと検査をしてもらえるので安心です。

 

「個人病院や開業医でも大丈夫ですか?」

個人病院や開業医の場合は、医師の交通事故に対する考え方が、病院全体に反映してしまうという特徴があります。交通事故では、書類作成が複雑だったり、損保会社対応に時間がかかったりするため、小さな医院では煙たがられることもあります。

交通事故の患者を積極的に受け入れている個人病院や開業医でない限りは、MRIのある中規模以上の病院の選んだ方が安心でしょう。

 

「インターネットで選ぶときの注意点は?」

看板や電話帳で調べるより、今はネットで検索することが多くなりました。病院をネットで調べるときは、

・口コミが書かれている

・スタッフの名前と顔が出ている

ところを選びましょう。

 

「自宅から近い病院の方がいいですか?」

交通事故での怪我や病気は、完治まで数か月かかることもあったり、毎日リハビリに通うこともあるため、自宅や職場から近い病院や、駅の近くの病院の方が便利はいいといわれていますが、そうでなくても大丈夫です。

というのも、交通事故に遭った際の治療費は、自賠責保険などから支払われるため、病院には検査と書類作成のためだけに行くというのでも、問題ないからです。

リハビリや治療は「交通事故専門」の整骨院・接骨院で行った方が、交通事故による様々なアドバイスや、きめ細やかな対応をしてくれるので安心です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

1 / 212