GW中の交通事故件数

投稿日:2014.11.13

藤沢市交通事故外傷治療院のブログです。

 

2014年のゴールデンウィークは、皆さんどのように過ごしましたか?

ゴールデンウィークの交通事故発生件数について、5月7日に警視庁から速報値が発表されました。今回は、そのデータをご紹介します。

 

 

◆2014年ゴールデンウィークの交通事故件数

2014年のゴールデンウィーク中(4月26日~5月6日)に発生した交通事故の件数は、14,018件でした。これは昨年同期に比べ、1,562件(約10%)減少しました。

 

負傷者数は17,511人で、昨年同期に比べ2,081人(約10.6%)減少しました。

 

交通事故死者数は、122人でした。昨年同期に比べ2人(1.6%)減少しました。

 

年代別に死者数をみていくと、65歳以上の人が63人で最も多く、全体の約51.6%を占めます。続いて40代では14人、50代では13人でした。

 

都道府県別の死者数をみていくと、大阪府が12人で最も多い結果でした。

死者が出なかった都道府県は、青森県、秋田県、山形県、茨城県、滋賀県、和歌山県、鳥取県、島根県、高知県、福岡県、佐賀県でした。

 

行楽客の交通事故は、21件で、死者は24でした。昨年同期に比べ、死亡事故は9件減り、死者は6人減少しました。

 

飲酒運転による交通事故は、77件で、昨年同期に比べ74件(約49.%)減少しました。

 

 

◆大型連休の交通事故防止について

ゴールデンウィークなどの大型連休は、道路が大変混雑します。事前に行く先までの交通状況を調べ、ゆとりある計画をたてましょう。また、出かける際には、車の点検を行いましょう。同時にドライバーは、自身の健康状態にも注意しましょう。

 

シートベルト、チャイルドシートの着用もお忘れなく。同乗者も、運転者に無理な運転をあおるような言動は慎みましょう。子どもの行動が運転の邪魔にならないように気を付けましょう。

 

(補足)

※最近5年の4月26日~5月6日の死者数

平成21年138人、平成22年163人、平成23年129人、平成24年106人、平成25年124人

 

※東京都・神奈川県・千葉県の発生件数、死者数、負傷者数

東京/964件・4人・1,130人、神奈川/765件・6人・948人、千葉県/476件・6人・597人

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト